趣味として自分の好きなこと書きまくってるこのブログ記事とその対価

Pocket

愛してるんだぁぁぁぁ写真をぉぉぉぉ!

ハハハハハ!!

 

「ウソおっしゃい」byヤマヒロ

 

今風多趣味なプライベーティアフォトワーカー(PPW)のヤマヒロです。

今年に入ってからブックマークしていたワードプレスの写真ブログ2つが閉鎖されていました。

交流もなんどかあった希少な写真、趣味ブロガーさんだったので少し残念。

IMGP7010

ツイッターでもその人をフォローしていたのでタイムラインを見てみたのですがブログ立ち上げるのきっかけが「クリック広告やらブログアフィリエイトは稼げるとか」仕組みも理屈も知らないままそそのかされたようで、要は「お金」のためだったとか。

いや〜おっかねーおっかねー。

 

ヤマヒロ
ワードプレスサイトは独自ドメインやレンタルサーバーなどで少し維持費がかかるんだ。
リオン
趣味ならいいけど仕事みたいにイヤなことをやってて続くハズがないよな。
ユリ
好きでやる訳じゃないのにお金目当てじゃなおさらダメだよね。

 

まぁそんなことはさておき自分も自分のためにキャラクターのイラストを猛勉強しはじめたり、無性にプラモ作りたくなったり、突然サバゲーを再開したり、広く浅く多趣味なワケでして・・・

それをこのブログのコンテンツにしてしまう辺り、一向に「フォトワーカーなんて名乗っていて良いものか?」と不安になってしまった今日この頃。

IMGP8876

 

そんなわけでして自分がなんでこのブログ書いてるのか問い直して「楽しく続ける秘訣ってなんだろう?」ってこと、このブログで発信している「情報価値とその対価」について考えてみたよ。

 

 

スポンサーリンク

何のために書く?

-shared-img-thumb-PAK85_pentonote20140313000808_TP_V

まず始めにわざわざワードプレスで、しかも「星の数ほどある真面目な紹介記事をわざわざ自分が書く意味ないのでは?」

と、すってんコロリン。

坂道を転げ落ち、世界の摂理に従い加速する勢いであらぬ思考へ落ちぶれてしまったことも。

一時期PV欲しさにワードプレスに移行した言ったり、PV狙いな記事を書いてた時期がありました。

コレなんか典型例。

 

もっぱらこのブログは自分の「コレが好き!」すなわち自分が書いてて楽しいエゴ丸出しな内容ばかりで無いように納得こそされたとしても、極めて少数の方にしか共感はされないと思う。

 

引越し当時からのメインカテゴリの一つ カメラ>撮影機材でも少数派なペンタックスをメインにあつかうため気合い入れて書いた記事でも当然のようにPVは伸びず、意気消沈したことも多々。

IMGP8899

無意識下に求めちゃう承認欲求はそうそう満たされないのでござる。

 

リオン
でもさ、それって本当に書きたいことなの?
ユリ
やりたくないこと無理に続けることも無いと思うなー

 

 

書きたいこと、自分らしく

自分は写真カメラ以外にもかなり多趣味。

それでも写真やカメラがそれらの趣味に多大な影響をもたらしてくれたのも事実だったりする。

ペンタックスの写真カメラをメインテーマに掲げてワードプレスにやってきたこのブログも多方面に展開(脱線?)して自分のこれが好きを体現するための場となった。

光をおとどけ!

 

そんなワケですがここ、プライベーティアフォトワーカーは外部でいろんな刺激に影響を受けつつもmade in Yama Hiro(ヤマヒロ)の一人称視点(ファーストパーソン)です。

だから自分の「コレが好き!」といったものをメインにつづるなワケですが「バカ全開に堂々とやってやる!」という悪ノリでブログに顔出しもしました(笑)

(ネットのアイコンは横顔とかリオンです)

 

ss2016-01-25 21.08.01

ー散歩 散策 探索【期日間近】青い池ライトアップ撮りおさめ

リオン
コメントを書かせていただくときはオレがヒロ兄の代わりだよ!

 

同じネタで記事書いても経験、考え方、それに対する思いなどなどいろんな要因もあって書き手によって全然別の記事に仕上がるよね。

 

紹介記事は文体が真面目すぎてつまんないなんてよくある話でその手の記事を読み終わる頃には恐らくこんな顔してると思う。

げんなり

 

なので普段の自分の思考+観点がすこしズレたところや面白いおかしくしたいところはリオンやユリに登場してもらっている。

ホットシュー

ーPPW ユリのホットシュー事件

 

自身の出来事、経験を独自のプライベーティアフォトワーカーとして物語調するのも創作好きな自分の趣味の一環としてブログとして書き残す楽しみだったりもする。

ただしこのブログの独自感が強くなってしまうと定期的に読んでくれている人ならわかりやすい一方、9割以上の方にしてみれば違和感でしかないと思いますので、最小限の説明としてサイドバー(スマホの場合一番下の方)に「このブログの登場キャラクター」を追加しました。

 

記事と対価

2016年4月初日「外部リンクからやってきた悪意のある何者か」によってこのブログに掲載させていただいていたGoogle広告を連打されたようで・・・

いわゆる”アドセンス狩り”にあってしまいGoogleから永久的に再開不可とされてしまいました。

広告の収益画面ばかり見て一喜一憂する程度という管理が甘かったがばっかりに一生ものの後悔です・・・。

 

こんなことがありまして・・ワードプレスでブログ運営するようになってから初めて敵意を向けられたある種のトラウマです(苦笑)

(2016年10月現在、掲示のみで収益発生、掲示側の自由度も高い忍者AdMaxの広告を貼らせて頂いてます。)

NT$ 台湾元

 

このブログのメインコンテンツの一つとして面白かったこと、モノ、みんなに共有したい、共感してもらいたいコト。

そんな内容をつづるオススメのアイテムも自分らしくバカ真面目ながら書いてる自分自身でも書いてて楽しいコンテンツだったりする。

そこから読んでくださった方には発見や価値をお届けできたり自分も紹介報酬を受け取れるなら互い嬉しい。

IMGP9970

 

ユリ
広告とかアフィリエイトって言葉が嫌いな人はいっぱい居るみたいだけど・・・
ヤマヒロ
そう言っている人がアドセンスとかアフィリリンク貼ってたらもう弁護のしようが無いと言うか・・・
リオン
書き手も読者も有益ならお互いWin-Winな関係は双方が嬉しいよね!

 

似たようなことを思っていた自分も価値観が変わり発信する側になってみると、広告の報酬は商品(情報)提供の対価の形と考えるようになった。

一方このブログに関わらず、収益のことは聞かれない限り他言無用にしとかないと、問答無用で妬(ねた)まれるのがネットの世界っぽい。

まぁ知らず知らずブログでも何でも何もせず、不労所得を稼ぐみたいな思考は「ラクして稼ぎたい」という人の持つ本質だろうし、あれこれ考えてもしゃーないのでこの辺にしとこっか。

 

My Answer

もしも自分が写真への興味が尽きたとしたら。

「もしも」という枕言葉がつく話しだけど、どんなすごい写真を撮っていても写真特化なブログだと読みに行かなくなると思う。

K-3wiht

 

だけどね、それでも読みに行きたいって思う写真特化よりも写真を含む多趣味ブログの方がいっぱいある。

もしかすると「そのブログの内容以上に”書いてる人”への興味、共感があるんだろうな」と思わなくもない。

価値のある情報以上にその人への共感からそのブログを好きになることも多々。

リオン
コメントやSNSなりで相互に交流ができると楽しいよね!
ヤマヒロ
これだから面白いんだ。ブログを書くってことは!
ユリ
もっとコンテンツを充実させて、ヤマヒロさんの個性を出していろんなブロガーさんと繋がりたいね!

 

ブログ名として掲げた自由気ままな写真活動者:プライベーティアフォトワーカーとして「好きなように書いて、自分の好きを体現する場」

それがこのブログを書く意味であって、自分なりの答えかな。

Mac book Pro

 

ヤマヒロ
まあやるなら本気でやろうか!そのほうが楽しいでしょ!?ハハハッ!!
ユリ
や、ヤマヒロさーん!?
リオン
なんかさ・・アレの電波を受信したみたいだ・・・

 

 

英文のスパムコメントがバカスカ届くようになって一時はコメント封鎖してやろうかと思いましたが、読者様のメッセージを受け取る大事な繋がりへの希少な入り口であり自分としても気づきの場。

もしあなたが記事に対して「それは違う」という思いを持つので軽ーく「こんなヤツもいるんだなー」程度に流していただければと思います。

文中内容で間違っている部分を指摘していただけるのは今後訪れる方のためにも大歓迎です。

(今後は内容にそわない宣伝目的や私的な内容、管理人やブログ読者を不快にさせる表現、また不適切な表現は承認しない。

あるいはこちらで一部修正させて頂きますので「言い方に気をつけてね!」ってことで健全なブログ運営のためご了承のほど、よろしくお願いいたします。)

 

当たり前ですけどブログ書いてるからって書き手が別段偉いワケじゃないんでコメントはお気軽にどうぞ!

よくある利己のためだけにウソ書きまくりのブログだったり、自分みたいにエゴ丸だしなヤマヒロの趣味ブログもありますからどんどん交流しましょー!

 

以上、趣味・遊びだからこそ本気になれちまうPPWのヤマヒロ(@yamahirok3)でした!

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA