【2018年8月現在】納期未定なトリシティ155/125ABSの出荷状態についてヤマハからの手紙とYSPで聞いたことまとめ

Pocket

2018年7月下旬。

トリシティ155の納期未だに見えないことに違和感を感じ始めながらも「そろそろ乗れるよね」と淡い期待を寄せていた頃。

自分がトリシティ155をバックオーダーで車両注文をしたYSP町田から初めての電話が鳴った。

RSタイチ RSJ307エアーパーカー インナーポケット

 

「トリシティ155の納車予定日が決まったのかな…!」そんな“良い知らせ”への期待に胸を膨らませ仕事を終えた自分はすぐに電話をかけ直す。

 

 

いよいよトリシティ155に乗って数多の地へ走り出す希望の始まり。

 

 

ーーそんなことを勝手に期待していた。

 

このときYSP町田から伝えられた内容は真逆を行くもので、これからの自分のデビューバイクを占う“通達”でした。

 

 

通達:先の見えない納期

引き続き先の見えない納期。

その詳細は販売店には先んじてメーカーのヤマハ発動機から通達が行っていたようでした。

スマホ(携帯電話)

 

自分を含めたお客さんへ説明できる内容には制限があるようだったけど、電話での内容自体はお店へ遊びに行ったときとほとんど同じでした。

  • 納期はまだ見えない
  • ひと月ふた月の問題じゃないみたい
  • さらに後へ伸びる見込み
  • 8月~9月の間にお渡しは厳しい

 

そして最後に「お手紙とお渡ししないといけないものがあるので、都合のつく際に一度お店に足を運んでください」とのことでした。

この電話を終えたこのとき、自分の中の違和感は確信に変わった。

「自分のトリシティ155はまだ来ない」「トリシティでのバイクデビューはもうできない」と。

YSP町田トリシティ155

 

 

8月は目一杯トリシティ155で数多の地を駆け回るつもりでいた。

「あの時、黒のトリシティを選んでいれば…!もっと早くその決断が出来ていれば…!」

 

しかし、決断した時には手遅れ。

「早くバイクに乗りたいっ!」YSP町田に在庫のあるブラックのトリシティ155なら即納車できるか聞いてきた結果・・・?

 

自分のバイクデビューを遅れさせたのは結局自分の所為であることに変わりはない。

複雑で後悔にも似た感情がこみ上げてさえいました。

 

 

電話のあと自分の中でトリシティ155の状況について吐露したツイートには珍しくリプライで多くの現トリシティ155/新型125オーナーの皆様からお言葉や貴重な体験談をお寄せ頂きました。

 

 

手紙:トリシティをお待ちの御客様へ

直近の休みの日に訪れたYSP町田で受け取った一通の”手紙”

それはヤマハ発動機からトリシティをオーダーした全員へ宛てたものようでした。

 

トリシティ125ABS/155は、生産および出荷に大幅な遅れが発生したため、予定しておりました納期が大幅に遅れる見通しとなりました。

 

現在、早期回復へ向け全力を尽くしておりますので、納期につきましては、目処がつき次第改めて販売店よりご案内させていただきます。

 

手紙より抜粋 原文そのまま

 

内容を確認しながらスタッフさんから口頭で伝えられたのが

  • タイの工場から出荷が停止していること
  • 品質欠点によるロット全車再検査していること
  • 不良発覚のため完成車両も出荷できないこと
  • 上記状況から注文に生産が追いついていないこと
  • バックオーダーだった注文も現在は停止していること
  • 不具合は155と125ABS(2018)のみということ

 

つまり、そのまま出しても動作不備による事故納車されてもリコールのような大きな問題になってしまうリスクのある状態でした。

どんな製品不良が出たのか何を再検査しているのか。

詳細はYSP側でも不明ながら155と125の2018年型で共用のフレーム出力違いのブルーコアエンジン、あるいは125(2018)ABS無しモデルは出せていることからABS機構が絡んでいるように思う。

トリシティ155

 

そしてお詫びの粗品としてタンブラーを受け取り、オートバイの世界へ踏み込むきっかけをくれたトリシティ155への”想い”と乗りたいけどデビューできない自分のバイクの”これから”をお話させて頂きました。

 

 

自分とバイクとこれから

トリシティ155の納車予定日はまだ見えない。

でも、見えもしない“不確定な納期を伝えるのは筋ではない”と自分は思う。

 

最高の状態の商品を提供するのがメーカーの義務ならば、

僕らお客にはそれを待つ義務がある。自分にはその意志がある。

それは確かに一つの“目標”あるいは“夢”として自分が「トリシティに乗りたい!」と望んだ強い強い想いの証。

だからきっと、これは自分にとって必要な時間だと信じていたい。

トリシティ155

 

一方で待ち時間が長くなってきた分「早くバイクに乗りたい!」という想いが強くなってきた自分もいる。

その場合デビューのバイクは次点繰り上げになるけれど、候補はデザインと用途からみんな大型バイク。

そのまま大型でバイクデビューという流れになるとしたら順番は前後してしまうけど、トリシティ155は絶対に乗りたいオートバイだということは変わらない。

モーターサイクルの世界へ踏み込むきっかけをくれたトリシティへの想いだけは本物だから。

 

どんなことがあっても、誰がなんて言おうと、

「自分が気に入ったオートバイに乗るのが一番幸せだと思うんです…!」

トリシティ155ブルー

 

青のトリシティ155を待ち続けるか、大型に乗ってバイクデビューになるか。

自分の想いに素直になって、今強い方の気持ちに従ってトリシティ155/大型バイクいずれかでバイクデビューを飾りたいと思います。

以上、大型二輪合宿中のヤマヒロ(@yamahirok3)でした。

NC750S 教習車

 

 

手紙をもらった第一声:「えひ〜」

The end of シリアスクラッシャー。

 

 

トリシティを待ってる方へ

ヤマハ(YAMAHA) バイクジャケット RS TAICHI コラボモデル YAS44R エアーパーカー ブラック/ホワイト

 

この記事はトリシティ155や125ABS(2018年モデル)を待っている方へ情報共有できたらという一心のもと、自分が実際に見聞きした情報をとまとめました。

しょうもない趣味ブログながら、もしあなたの周りにもトリシティ待ってる方がいるのならSNSシェア等でこのエントリー(記事)を届けてあげてください!

またここに無い情報があれば是非コメント欄にお寄せ頂けると幸いです…!

 

 

 

Pocket

4 thoughts on “【2018年8月現在】納期未定なトリシティ155/125ABSの出荷状態についてヤマハからの手紙とYSPで聞いたことまとめ

  1. リラックマ

    ヤマヒロさん、
    相当に参りましたね!!??
    新製品のにそんなトラブルがドドんと出た!
    そんな事、言われても〜〜どうするんだ状態
    納期が納期を超えてしまうと、
    バイカーの人達からは笑いの的にされそうで
    あ〜恐しやですよ…。
    三菱が作ってるとか言うリージョナル機の
    MRJも未だに納得の行くのが出来てないし

    ウキウキ気分な半面、ショボーン気分には
    しばらくの間ですが立ち直れないと思います
    先程、
    シータの事を言っていたメールをですね、
    そちらに送っておきました…。
    気持ちを切り替えて読んでくれれば幸いです
    一日も早く、
    バイカー ヤマヒロ兄貴のデビュー待ってます

  2. ヤマヒロヤマヒロ Post author

    あんまりにも事態が想定外過ぎてかなり落ち込みましたけど正直、お店も自分もびっくりな状態でした。。。

    ずっと先も見えないので今は大型二輪免許に挑んでますけど、
    トリシティも納車可能時期を見てシフトチェンジという方向で行こうと思っています。

    こんなしょうもないブログにわざわざコメント頂いてほんと励みになります。
    次点候補で乗りたい大型バイクもエントリーとして取り上げたいと思っているので楽しみにしててくださいな。

  3. サスケ

    はじめまして。
    私も粗品と手紙貰いました。
    ここまで来たら違うバイクも選べないので気長に待ちます。
    同じ悩みというか気持ちを持ってる方がいてとっさにコメントしました。

  4. ヤマヒロヤマヒロ Post author

    自分もバイクへの興味のきっかけとなった青いトリシティ155でデビューを飾るつもりでしたが
    どこも先行きの見えない状況みたいですね。。。

    自分が待ち時間が長かった分続報が無いことには大型でバイクデビューを先行しちゃいそうですが
    サスケさんのトリシティデビューの良い知らせに期待してますっ!

記事の感想やコメントお気軽にどうぞです!お返事させていただくですよ!
アバターアイコンお持ちであればGravatarのアイコンが表示されるよ!
Gravatarアイコンの設定方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA