トリシティ155と行く初めてのロングツーリング!一泊二日で静岡の伊東温泉へ行ってきた!

Pocket

トリシティ155と高速道路を走ってみよー!

ということで初めてのロングツーリングへ行って来たヤマヒロです!

伊東マリンタウン

 

 

今回は静岡県の伊東市を目指して東名高速道路を使い、家族旅行でよく連れてきてもらっていた海岸線や峠道のルート三輪バイクトリシティ155で走って一泊二日の旅をしてみました!

ヤマヒロ
今回は定員の都合でリオンとフウカはお休みっすよ
ユリ
わたしとヤマヒロさんでお届けだよー!

アイコン用ヒロユリトリシティ155

(二人乗りは1年、二人乗り高速道路は3年経ってから)

 

前回(相模ダムカレー)同様と言いますか、走行中は写真も映像も記録する手段がないため文字多めですm(_ _)m

 

 

スポンサーリンク

旅の記録

出発の前に

間に合わないと思っていたバーマウントスマホホルダーが出発当日の朝一(AM9:30)に届くというミラクルが発生。

早速取り付けるのですが強風で取説を飛ばしたり不慣れな作業に悪戦苦闘することまさかの2時間が経過。

 

お昼を過ぎてしまったので塩と砂糖を間違えることがあるユリが作ってくれた(?)カップ塩焼きそばを食べて出発しました。

 

 

トリシティ155で東名高速道路へ!

初めての不安もあった東名高速道路への合流。

しかしながら155スクーターと言えどフルスロットルで回せば80キロくらいまで力強く一気に加速できたのでスムーズに流れへ乗ることができました!

トリシティ155は高速道路も“安定して走れる”タイプなので吹き荒れていた突風や追い越し車線を行く大型トラックの横風でもへっちゃら。

むしろヘルメットが振り回され、首が疲れた…

 

その後は静岡に向かう小田原厚木道路(高速)ではもはや貸切状態でだったので前後は気にせず速度が安定する75~100キロくらいで巡行しておりました。

低速安定性があるのでSAで「バイクはど〜こだ?」と周囲を気にしながら置き場を探すの時も気持ち落ち着いていけたかな。

高速道路 SA

 

トリシティ155は伸びやかな加速で頑張って100キロ+αを出す感じ。

「常時100キロでガンガン行くぜ」と言うほどの速度は出せないので基本的に追い越しはせず、走行車線をゆったり走って行くタイプ。

 

トリシティ155から左ハンドルに装備されたパーキングブレーキのおかげで料金所で停まる際に車両を停めて両足付けて両手を使えるのはとても便利!

ヤマハ発動機 トリシティ155特徴紹介より

 

ヤマヒロ
MTバイクの場合はリアブレーキ踏みっぱなしになるのかな?

ETCは未搭載なのでバイクで料金所の数が多いと間違いなく大変だろうなと思ったのと案の定、大変で小銭もゴリゴリなくなりました。。。

それでも財布を出し入れしやすく、腰と太ももに巻き付けておけるレッグポーチに入れていたのは大正解でした!

確か上のより大容量でベルトがしっかりしたこんな感じのも持ってたはずなのだけど。。。

 

 

逆に強風吹き荒れる高速道路を走っている際、予報にはなかったゲリラ豪雨に当たってしまい雨具を持ってこなかったのがこの旅での失敗。

ロゴスリプナー LVSレインウェア

 

 

 

海沿いや峠道は超・エキサイティングッ!

潮風が最高に気持ち良い自動車専用の海岸線峠道の連続カーブを右へ左へと軽快に走り抜けて行くのは原付では味わえなかった悦び!

トリシティ155

ヤマハ発動機 トリシティ155特徴紹介より

 

トリシティだと峠のちょっとした凹凸なら何事もなかったように走って行けるし、くぼみの衝撃吸収はフロント二輪のお家芸。

ユリ
もうすぐ一ヶ月になるけど走ってるときに危ないこと一度も無かったよねー!
ヤマヒロ
どんなシーンも安定して走れるのはトリシティのおかげだな!

 

カーブでの立て直しも余裕だし、前輪が両方が落っこちるような大きな穴に落ちないように気をつければどんなシーンも安定して走り抜けて行けそう。

 

 

峠道のワインディングはハンドルだけで行ったり車体ごと寝かせてカーブしたり。

とにかくリーンが愉しくって初心者が気持ちよく倒しすぎた結果センタースタンドをガリガリと擦っちゃいました。。。

リーン:バイクの傾きとライダーの上半身の傾きが同じ角度となる走行姿勢

ちなみに初心者が地元の125スクーターやスーパーカブと同じペース、同じラインをなぞるように走らないほうが無難。(あの人たちはプロ)

 

 

伊東マリンタウンで一休み

休憩のため毎度おなじみ海沿いの道の駅、伊東マリンタウンタウンへトリシティで乗り入れると155は原付とは別の大型バイク置き場へ。

伊東マリンタウン

 

 

こっちは分厚い曇で日が隠れてしまいカラフルな建物も沈み気味。

ずっと走りっ放しだったので軽めにお茶とペット同伴OKな足湯に浸かって一休み。

 

 

ゆったり走っていたため予定よりも遅れ気味

宿のチェックイン時刻も近かったのでぐるっと散策してすぐ出発です。

伊東マリンタウン

 

 

宿 音無の森 緑風園

マリンタウンから近くの閑静な住宅街にあるお宿の伊東温泉 音無の森 緑風園へ到着。

入り口 音無の森 緑風園

 

ヤマヒロ
こんにちはー
バイクってドコに停めればいいんですか?
フロント
バイクでご予約承りましたが、三輪車、、ですか。。。
ユリ
三輪車・・・

 

ってことで案内された第二駐車場へGO。

宿の駐車場

 

 

簡単な説明を受けてお風呂の入り口にあったウェルカムドリンク(水とレモン水)を頂き部屋へ。

サンクスドリンク伊東温泉 音無の森 緑風園

 

 

この宿は夜ご飯無しなのでカメラバック等の大荷物を置いて夕飯を食べに再出発。

現地の飲食店を探しに走り出した矢先、また雨に当たってしまい見つけてもバイクを停められるような場所もなかったので逃げ込んだ“すき屋”で買ってしまいました。

ヤマヒロ
で、帰りは雨止んでたな。
ユリ
ヤマヒロさんの雨男ー

 

 

そんな雨に打たれたバイクの後の温泉は最高の一言でした!

お風呂上がりは定番のコーヒー牛乳(100円!)とお部屋のお茶で至福ひと時。

お風呂上がり

 

 

お宿は値段がリーズナブルな分、お布団もセルフサービス。

布団を敷いていると温泉でのコン(混)浴を断ったためか、旅先で開放的になったためか、、ユリが大人の姿に化けて襲いかかってきました。。。

そんな本能と理性が交錯するハートフル(ボッコ)なうちの子イラストを描けるようになりたいような気もする今日この頃。

 

 

 

朝食 健康和食

さて。寝たのか気絶した(させられた)のかよくわからないまま迎えた朝。

寝起きがレストランオープンの7時半くらいだったため、半分脱げてるユリさんを恐る恐る起こして朝食へ。

朝食は健康和食ということで小規模ながらバイキング形式でご飯やお味噌汁と一緒にお漬物類を中心に頂きます!

朝食 健康和食 伊東温泉 音無の森 緑風園

 

 

大皿にはここの名物、食べ放題なアジの干物を自分で調理。

宿のすぐ近くにあるお店の作りたてを毎日仕入れているみたいです。

朝食 健康和食 アジの干物 伊東温泉 音無の森 緑風園

 

ご飯やお漬物を食べすすめていると良い香りが漂ってきました!

頃合いを見てアジの干物をつついてみると、見た目に反して(失礼)風味豊かで調味料なしでも行けました!

朝食 健康和食 アジの干物 伊東温泉 音無の森 緑風園

 

 

その後お部屋でゆったり身支度を済ませ、天気予報を見ていると午後から雨

ヤマヒロ
あれれ〜おかしいぞ〜
ユリ
出発前は曇りって行ってたのにねー

客室 伊東温泉 音無の森 緑風園

窓から望む空はこんな感じだけど1日目は青空から大雨が降ってきたのでいったん様子見。。。

 

 

遊歩道を散策

10時半頃にホテルのチェックアウトを済ませて近くの自然豊かな川沿いの遊歩道を散策。

写真が映える風景というよりは温泉街近くの風景として旅先スナップ的なお気軽撮影であります。

トリシティ155 遊歩道

 

ユリ
ちょっと寄り道だったけど、トリシティとこの街で出会った風景を切り取るのも楽しいねー!

トリシティ155 遊歩道

 

 

最後に宿の前で記念撮影をして伊東シャボテン動物公園へ向かっていたですが、恐れていた大雨が降り出してしまったの今回の旅はここで切り上げ。

入り口 音無の森 緑風園

 

ゲリラ豪雨らしく降ったり止んだりなのでナビを使わず走っていたら海沿いと峠の分岐点で迷子になり、付けたら付けたでナビにダマされ迷子になりました。

旅先の寄り道

 

 

旅のまとめ

今回は「トリシティ155で高速道路を走ってみよー!」ということで無事一泊二日のロングツーリングを楽しんでくることができました!

お天気はあいにくで凄まじい風に煽られたり突然の雨に降られたりしたけれど、バイク旅の”楽しさ”と”大変さ”を両方とも体験する良い機会だったように思います。

伊東マリンタウン

 

 

初心者目線ながらトリシティ155は高速道路を”とりあえず走れる”けど、頑張って100キロ+αなところ前へ詰めるため若干無理をさせているように感じるシーンが何度かありました。

自分の用途の一つとしては超長距離を一気に走って写真旅をするバイクというよりは、今回のように比較的近場向けな印象下道や自動車専用の峠道を楽しく走って目的地を目指すのに適しているように感じました。

トリシティ155 メーター

 

 

一方で初めてバイクで二日間の走行中に“怖い”と思うシーンが一度もなかったというのも事実でこれは間違いなくトリシティ155と走れたということが大きなポイントですっ!(断言!)

急カーブの峠道やインターチェンジでの旋回安定性はもちろん、飛ばしすぎない車両特性から山道に転がる倒木や坂道を猛スピードで降ってきた自転車を割と落ち着いて回避ができたり。

あらゆる走行シーンを持ち前の安定感で危なげなく、どんな道も楽しめたように思うです。

ユリ
風を切って走るのって楽しかったねー!
わたしもトリシティを運転できるようになりたいなー!
ヤマヒロ
以上、今回の旅を通じてさらに遠くを目指せるようになった初心者ライダーヤマヒロ(@yamahirok3)でしたー!

トリシティ155 フロントフェイス

 

 

欲しくなったもの

ひとつ旅を終えてバイク用品への物欲が再燃。

果たしてヤマヒロのお財布の運命やいかに…?

 

 

ツーリング用ヘルメット

高速走行に持っておきたいツーリング用ヘルメット。

気になったのがお値段はさすがショウエイって感じだけど、ジェット好きな自分のツーリング用途ならJ-Cruiseシリーズがぴったりかも。

主張が過ぎないCORSO(コルソ)のラインマーキンググラフィックも好みっす。

 

 

ヘルメットスピーカー

前も後ろも居ない高速道路を黙々と走っているとやっぱり「BGMが欲しいな〜」と思ってしまいヘルメットに装着するレシーバー型のヘルメットスピーカーが気になる一品。

帰りにナビ(Googleマップ)が知らず知らず渋滞回避のルート変更をしてきたのでそれ対策にも。

B+COMは通話機能はなく音楽やナビの音声を聴くことに特化した高音質タイプでスマホとBluetoothで連携できる価格と性能のバランスがとれている感じ。

 

二輪用ETC

ETC車載機だけネットで安く買って持ち込もうと目論んでたけど、販売はセットアップができるバイク屋さんやバイク用品専門店のみらしい。

料金所の度に止まって、グローブ外して、財布出して、お金払って、領収書もらって、発進して、わきによけて、財布しまって、グローブ付けて、、、って。

正直すごく大変でしたっ。。。

 

ETCならいろいろな割引もあるので今後もトリシティ155で高速を走るようならETCは付けたいところ。

バイクに付けるETC車載機は二輪専用になるので必要ならお店で見積もりを貰ってみよう。

 

 

おまけ:大型バイク

155の高速道路という課題に次点候補が再燃。

2台持ちという単純明快な解決策だけど、多分一番アカンやつ。

トリシティからシフトチェンジでデビューを飾る最初の一台!?気になる大型バイク4選!

 

フウカ
コーヒーを少し冷まして”美味しい”って感じたらそれが「好みのコーヒー」なんですよ。
リオン
ほへ〜
っていうかアツアツのコーヒーは味が分からないもんな。
フウカ
つまり…男女の関係と一緒です!
もしかしたらすぐに2台目買っちゃうんじゃないですかっ!?
リオン
それ男女で言うと二股とか浮気じゃねーか!?

 

To Be Continued…?

 

 

Pocket

2 thoughts on “トリシティ155と行く初めてのロングツーリング!一泊二日で静岡の伊東温泉へ行ってきた!

  1. リラックマ

    ヤマヒロさん、
    今回はユリちゃんとヌクヌクなツーリングに
    なったようですな????
    トリシティのモニターの上にあります、
    “バーマウント”ですが、戦闘機のHUDを
    支えてる左右のマウントと同じですね〜!?
    色も半光沢なブラックな所も一致している?

    何故、つや消しと言わなかったのか????
    それは、HUDのフードやインストパネル等
    新品は半光沢なのですが、使い込んでいくと
    ツヤがどんどんと失っていくからです…。
    車のダッシュボードも同じと言えば同じ原理

    戦闘機のプラモでも72だとつや消し黒で、
    塗りなさい!?って指定がほとんどなのです
    が、しかしですね48になると
    半光沢で塗りなさいになってるのが実に多い
    例としてスパホやラプターもなってたかな?
    支えてるとは言え、
    スマホに相当な振動が来て、ディスプレイに
    負担がかかってそうで怖くも感じたりします

    ディスプレイを以前ですが公式品でないのに
    取り替える移植手術(単なる修理屋)ですが
    やったのですが、
    公式でないからそれなりに安かったのですが
    ディスプレイにヒビが入っているのも、
    なんか虚しかったりするものでしたからね!

  2. ヤマヒロヤマヒロ Post author

    バーマウントと背の高いウインドシールドに直接投影できればエースコンバットのようなHUDを再現できそうですね〜!
    マウントはスクリーン取り付けステー側に取り付けているのでワンタッチなスマホホルダー側をしっかり固定すればシリコンバンドもあるので振動での落下は大丈夫な感じです。

    車用の安価なヘッドマウントディプレーを装着できれば前だけ見て運転できそうですね!

記事の感想やコメントお気軽にどうぞです!お返事させていただくですよ!
アバターアイコンお持ちであればGravatarのアイコンが表示されるよ!
Gravatarアイコンの設定方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA