ヤマヒロってこんな人

Pocket

キャラクタープロフィールNo.1。書いてる本人。

PPWのヤマヒロ

 

ヤマヒロってこんな人

ペンタックスK-3と共にフォトワークデビューしたカメラと旅することが大好きなプライベーティアフォトワーカー

ヤマヒロさん道に迷う

 

気ままに写真を撮ったり、プラモデルを作ったり、デジタルイラストを描いたりバイク乗ったりと今風多趣味。また大の動物好き。

趣味方面では前向き思考で明るく生きるポジティブソウルが最強の武器って思うです。

真面目で穏やかな方だけど、内側はバーニングソウル。一方でなんでも「まあイイヤ」で済ませる後先考えない直情的おバカでもあるっす。

ヤマヒロ

 

ざっくりとプロフィール

  • 在住:東京と神奈川の境目
  • 性格:真面目、穏やか、大人しいと言われてる
  • 体型:ガリガリ君(やせ)
  • 好き:カメラ・光学機器・バイク、ミリモノ・カッコ可愛い系
  • チャームポイント?:右後頭部のねぐせ
  • 防具:ロスコ ソフトシェルジャケット
  • 好きな色:緑色・オリーブグリーン・ネイビー
  • 好きなカスタムイメージ:鮮やか・風景・モノトーン
  • 好きなレンズDA18-135・DA10-17・DA☆60-250・FA31

 

 

使った事のあるカメラ

メインはペンタックスのKマウントシリーズ、他にもいくつか所有。

機材道楽という方面でもカメラを楽しんでいます。

K-3 K-3Ⅱ

 

 

PENTAX K-3

初めてのデジタル一眼レフカメラとして入手。

フィールドカメラという色の強かったミドル機、K-5Ⅱ/Ⅱsの後継機として送りだされたAPS-Cの上級機。

写真について右も左も分からないコンパクトカメラ、ビデオカメラ使用者の自分は当時のAPS-C フラッグシップ機で一眼レフデビューした。

K-3と出会ってから自分の表現としての写真撮影を目覚める

PENTAX K-3

 

強靭なマグネシウムフレーム、堅牢な防塵防滴構造で悪環境に強く累計10を超えるゲリラ豪雨を写真のキットレンズと共に耐え抜いた。

 

総合性能はフラッグシップに違わぬ一眼レフカメラのハイエンドクラス

ハイエンド機として不足なく強力なAFユニット

全レンズ対応の強力なボディ手ぶれ補正機構

ペンタプリズムの視野率100%ファインダー

APS-C 24Mピクセルの画像センサーと新規のハイパワー画像エンジンのバランスで全体的に高いレスポンスなどなど

性能に中途半端がなく、入っている機能の全てが妥協なく当時最高のレベルにまとめられている。

 

ハードウェアボタンが多く各種操作がスムーズに行えるのもハイエンド機ならでは。

ペンタックスのカメラはシンプルなインターフェースでメニュー階層も浅いことや、ボタン一つで項目の各種設定画面に飛べるあたりも初心者の自分でも理解が深めやすかった。

 

まだまだ書きたい事は山ほどあるがデジタル写真の基礎知識さえ理解すれば一定の写真技術を身につけた今でも不満なく、あらゆる場面で心機一体に活躍する“愛機と呼べる存在”

 

改修記録

・液晶保護フィルムを装備

・フォーカシング・スクリーンを交換

・バッテリーグリップ(D-GB5)を購入、装備

・液晶保護フィルムを交換

・プロテクターガラスを装備

 

PENTAX K-3II

究極のフィールドカメラとして送り出されたK-3の後継機

高い基本性能をさらにブラッシュアップし手ぶれ補正、

オートフォーカスの強化など使い勝手に直結する基礎性能が堅実に引き上げられた。

k-3II

さらに手ぶれ補正機構を応用したフルサイズ並みの画質を提供する

超解像技術、RRS(リアル・レゾリューション・システム)を備える。

ポップアップフラッシュが廃止され、代わりにGPSユニットが内蔵されたことで写真へのジオタグ付与位置情報を記録するGPSロガー。

GPSと手ぶれ補正を連動させる天体追尾機能、アストロトレーサーなど独自機構を活かし他社には出来ない事をやってのけてしまった。

 

「さすがペンタックス!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ 」
「そこにシビれる!あこがれるゥ!」

 

フラッシュ非搭載なので場合によってはK-3を持ち出したり、二台持ちでもボタンは配置は全く同じなので戸惑う事は皆無。

 

ただ後継機とはいえど外観がK-3とそっくりさんなのが困りもの。

k-3 k-3ii

改修記録

・液晶保護ガラスを装備

・アイカップMⅡに交換

 

OLYMPUS STYLUS1

高精細なEVF(電子式ファインダー)を備えたプレミアムコンパクトカメラ。

青色の表現が綺麗なオリンパス機。

STYLUS1

見たままに撮れるEVFタッチスクリーンなチルト式液晶がナイス。

ダイヤルによるマニュアルフォーカスが難しい分タッチフォーカス機能で狙った部分に一発でピントをあわせられるのは使っていて気持ちがいい。

STYLUS1back

センサーサイズを押さえる事で高倍率ズームレンズながら安定した画質で明るいF2.8通し。

接写マクロから換算300mm(+デジタルテレコンx2で600mm!!)の超望遠〜超超望遠まで一台でなんでも撮れるマルチロール機。

太っ腹なファームウェア・アップデートで中身は実質新型のSTYLUS1sに進化した。

一眼レフのサポートや一つでなんでも撮れる万能機として活躍中。

 

PENTAX K-S1

弟の初めての一眼レフ、並びに自分のサブ機として共同出資でGET。

個性的な入門用カメラというコンセプトにそって防塵防滴などは備えないが小柄で軽いボディにハイエンド機と同じペンタプリズムの視野率100%ファインダーを備え被写体と向き合いながら心のままに撮影を楽しめる。

K-S1

 

画像センサーとフラッグシップお下がりの画像処理エンジンのバランスがよく、エントリー機ながらレスポンスも良好で総合的にはエントリーとミドルクラスの中間あたりの性能を持っている。

上位のK-3使っている身としても400万画素ほど落ちるセンサーだが書き出す写真に大きな差は感じらない

入っている機能に中途半端がなく半端なものはバッサリ切り捨てたという印象。

さらに新規実装されたOSは上位機よりもわかりやすい

K-s1 back

弟はカメラをバックにしまう方だが小さなウエストバックにすっぽり押し込んでいる。

「カメラは大事に扱え!」とツッコミたいところだが

ここはK-S1の携帯製の現れだと思う。

しかし弟いわくカメラが軽い分レンズによってはフロントヘビーになるのが欠点とのこと。

K-s1フロントヘビー

ピカピカ光る独特なインタフェースを持つライトウェイトなクリエイティブカメラ

現在弟のカメラとして活躍しているが防塵防滴、バリアングルな後継機 K-S2が欲しいと言い始めており手放す日はそう遠くないのかも?

 

PENTAX Q7

在庫処分カゴに見つけてしまい発作的に保護したミラーレスナノ一眼カメラ。

Q7

ゲットしたのは通常ラインナップのシルバーボディ、ブラックグリップ。

カメラ女子御用とも言われるQシリーズだが自分を始め男性にも人気があるようで観光地ではよくユーザーを見かける。

実用性を重視したポップアップフラッシュやモードダイヤルなどクラシックデザインがナイス。

手のひらサイズでちっちゃいフィギュアと比較してもこんな感じ。

比較用

ちっちゃくて可愛いし人はもちろん野良猫や犬など動物が身構えず自然な表情を狙いやすいのは小型カメラの良さ。

特にQ7+06テレフォトレンズは野良猫撮りのエース。

もともとボディ、グリップカラーを約120通りから組み合わせが出来るオーダーカラーでK-50と共に話題を呼んだ。

堅実に作品を撮れる高性能レンズに加え、安価に個性的な描写を楽しめるユニークレンズがラインナップ。

レンズ福袋でほとんど揃った。

Qlens

狙えば作品も十分撮れるし手軽にレンズ交換を体験できる使って楽しいカメラ

 

 

Nikon D5000

元プロカメラマンだったじいちゃんから無期限レンタル状態。

なんでも「デジタルはわからん」とのことでニコンのカメラについて体感する良い機会となった。

D5000

自分もブログ見返すとペンタの信者になっていた。

 

触れてみないと分からない。

でも触れてみようともしなかった。

だけどD5000との出会いがメーカーの壁をぶっ壊した。

 

画素数は20メガピクセルと当時としてはかなり高い2000万画素クラス。

だが画像処理エンジンのパワー不足などで劣悪なレスポンス、安価なペンタミラーファインダーなど盛れるところは盛ったが連動するパーツのとの性能バランスが悪め。

 

階層の深い複雑なUI(ユーザーインタフェース)や、深いメニュー階層で使い勝手が良いとは天変地異でもおきなければ言えないレベル。

(さすがに現行ニコン機では直っていると思うけど・・・)

 

Fnボタンが非常に便利で押せば設定した機能のプリセットとしていっぺんに呼び出せる便利機能。

自分はHDR撮影用のマルチショット設定を登録していた。

 

性能、機能的、使い勝手は現行機と比べ大きく劣るが実際に使ってみて初めてそのカメラメーカーの良さに気づくことを知る。

情報発信者として「たぶんそうだろう」にしたくない。

美点発見を意識出来るようになり客観的に機材レビューを書けるようになったきっかけをくれた一台。

 

追記:旅行に行くという事で返却。

 

PENTAX MX-1

ずっしりとした真鍮フレームプレミアムコンパクト機。

並行輸入された海外向けのシルバーモデルに日本語OSを加えたものを所有。

MX-1

MX-1はすでに生産終了しているがイメージングスクエアのアウトレットコーナーなどで極稀だが見かける事がある。

 

コンパクトというカテゴライズの割には厚みのある大柄なカメラだが明るく解像力に優れたレンズを搭載していて、他のコンパクトカメラとは一線を画す繊細な写真を撮れる。

 

加えてMX-1は標準画角のズームマクロに加え接写ズームがとして使える1cmマクロがなかなかに実用的でマクロレンズ代わりに持ち出すことも。

 

画像エンジンのパワー不足、旧ペンタックスのOSやカスタムイメージやホワイトバランスが現行機ほど充実していない面や難ありな設計、デザインなどもあるが、猫の鳴き声操作音起動画面設定など思わずクスッとなってしまう愉快な遊び心が詰まったカメラ。

 

THETA S

IMGP2923

「シータ・エス」と読む摩訶不思議な全天球カメラのハイエンドモデル。

全天球の世界に飛び込むならTHETA!

S型はスマートフォンにWi-fiで接続して直接ライブビュー操作ができるようになった。

IMGP2935

全天球写真は出てくるすべてが新鮮だから撮るのが楽しいし、撮れた写真を見てデバイスでいじくり回すのもまた楽しい。

特別難しい技術は一切不要、誰にだってワンショットでこんな感じの写真が撮れちゃいます。

 

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

 Post from RICOH THETA.- Spherical Image – RICOH THETA

手軽な自撮り(セルフィー)カメラとしてはTHETAが最強な面白いこと大好きって方には是非使って欲しい特殊カメラ。

ちなみに一脚や自撮り棒と相性がいいよ!

S-324+THETAS

 

 

CANON EOS 8000D

EOS8000D

2016年7月、もとフィルムEOSユーザー現在無趣味な父へ「仕事人間にはならないで!」と強行プレゼントしたキャノンの一眼レフカメラ。

エントリークラスという位置づけだが上面液晶がついていたり2400万画素センサーやWi-Fi・NFCデータリンク機能、バリアングル稼働液晶、Kissより上位の19点オールクロスオートフォーカスユニットなど実用的な機能を多数搭載した実質ミドル級デジタル一眼レフカメラ。

 

自分とレンズ共有できるPENTAX K-S2やK-70も考えたが、EOS 8000Dを贈ったのはもともと父がキヤノンのフィルムカメラを使っていたことが一つ。あとは自分のエゴです。

キヤノンのカメラ

渡す前にホットシューカバーの追加購入やストラップ機部の追加工作など独自の改修を加えておいた。

フィルムからデジタル初心者として扱う父には「十分すぎる」とありがたきお言葉をいただき、一緒に写真を撮りに行くことも増え、心からカメラ贈って良かったというエゴの産物。

 

THETA SC

THETA SCホワイト

THETA Sを紛失するという大失態を犯してしまい静止画性能は同等なSCとして買い戻し。

変わらない使用感とこれでしか撮れない世界を描く360°カメラとして引き続き活躍中。

 

 

PENTAX KP

PENTAX KP FA31

 

高感度性能の必要性を感じ購入したペンタックスのハイグレードなミドルクラスAPS-C機。

フルサイズ機のフィードバックを受けてソフトウェア面が大幅アップグレード。

K-3/3IIに比べるとまだまだ使い込みが足りず、扱い慣れないところではあるけど、新しいメインカメラとしての活躍に乞うご期待!

 

改修記録

・液晶保護ガラスを装備

・Mグリップに換装

 

 

カメラを手に世界を見つめ直せた

hiroki&k-3

少し長くなりますがカメラ大好きなヤマヒロとK-3のエピソード。

僕の世界観を変え、大きく視野を広げ、たくさんの夢をくれた。

それが僕の初めてのデジタル一眼レフカメラ、ペンタックス K-3

PENTAX K-3

購入した2013年12月17日はある種の記念日。

毎年12月のどこかでペンタックスのことを語ります。

 

専門学科はボロボロ

IMGP1377

空っぽの教室でセルフポートレート&多重露光遊び。

 

購入当時の自分は専門学校二年目。

このころ進級制作に追われ写真どころではなかったですが関東で大雪降った日に撮りに出た記憶があります。

それ以外はせっかく買ったのにあまり使っていませんでした。

フルオートコンパクト機からのステップアップだったので適正露光や各種機能の使い方もほぼ分からずすべてカメラにおまかせなプログラムオートorグリーンモードという文字通り宝の持ち腐れ。

 

「K-3、あぁ、世界を切り取るK-3。

おお ヤマヒロよ じどうで さつえいするなんて なさけない!」

あのころの自分は王様にそう言われてしまいそう。

 

このころは専門学科の進級制作の課題で手一杯。

自分で選び専攻した3DCGで映像を作っていたのですが「仕事にしたいのは本当にこれなのか?」とこんな時期に考え始めていた。

入学当初は楽しんでいたはずの3DCG制作が苦痛になってしまう。

37fullwiy

 

作った背景を付けて、質感入れて、環境ライトをを調整したもの。

これも「あんますごくない」で蹴飛ばされ続ける。

実際のところ、仕事としたら自分の好きな物なんて一生作れなかったのかも。

Su-37an2.197

 

選択授業フォトワークを楽しむ

未来的な風景

ビルの隙間でみつけた近未来的な風景。

 

なかなかカメラ触る機会もないまま専門学校三年目に選択授業のフォトワークを受講。

 

ここで一眼レフの操作の基本や写真撮影の原理と写真の楽しみ方を学ぶ機会があり、当初は用意された入門機ニコン D5100を使っていました。

しかし暗く倍率の小さいファインダーやライブビューレスポンスの遅さ、複雑なインタフェースとメニュー階層の深さに苦戦。

 

カメラ持参の許可をもらい授業内で一人ペンタックス K-3を使用して写真の知識、カメラの各種機能を体得していく。

同時に教わるままホフクやゴロ寝などバカ真面目に撮影姿勢を工夫したりK-3をピンホールカメラに改造してみたりと好奇心のままにカメラと写真撮影を楽しむ。

 

専門学科はまるでダメだった自分にとって希少な活力となり、授業自体が楽しみでしょうがなくなるほどでこのフォトワークの時間が人生のターニングポイントだったと思う。

 

カメラと過ごした不登校

逃避行

それでも専門学科が振るわないのは相変わらずで三年目になっても

評価はいつものように“あんま凄くない”で片付けられる。

 

自己分析や美点発見にも至らず好きだったはずの作品作りに嫌気がさし始めいわゆるうつ病に陥り精神的にやられた時期。

次第に悪化、自暴自棄、作品嫌悪になり逃げるように不登校になった。

 

時期はちょうど6月、ゲリラ豪雨の多い梅雨の時期でしたが家族にも話さなかったので家にも居られず学校の時間は空っぽの通学バックを背負いK-3を持って自転車でフラフラと外出。

 

雨が降ればカフェにでも逃げ込み、スマートフォンやPCで時間を潰す日々。

カメラと共に逃避行生活を17日間。

我ながら良くやったと思う(苦笑)

 

そんな日々の中でも学校へ行かず、自由気ままに写真を撮るということは至福のひとときだった用にも思う。

 

カメラを武器に再起

IMGP2012

で、結局見つかりました。

が、逃避行時の写真が評価されデジタル写真を扱い単位をとることに。

こうしてWeb・CG映像学科の異端者として教室に復帰。

 

周囲の風当たりは就活もありピリピリしていてほとんど一人でいました。

しかし注力したフォトワークの授業では一人ペンタックス使っていることもあり色彩感覚、着目点、被写体の発見に個性があると成績も上々。

 

そんな中で先生からネットを使って作品発信することを勧めらました。

すぐ興味が湧き趣味写真を公開することを目的に使っていたウェブリブログをプライベーティアフォトワーカーに改め再始動。

好きを発信し、ブログとしてマイペースに自分の記録を残し始めた。

 

テーマを決めて撮る

ペンギン

写真のテーマは“日常からの発見”や”肉眼では見えない世界”など。

次第にPCやスマホのディスプレイよりもファインダー越しに世界を見つめることが多くなった。

内向的で引きこもりがちだった自分がカメラを持って、色々な場所に行くようになり自分も見る人もワクワクするような写真を撮ることで自分らしさを発現していく。

このころからキットのDA18-135に加え

マクロのDA35 limited、望遠のDA55-300、DA10-17魚眼ズーム、DA☆55など徐々にレンズを増やし表現の幅を広げた。

 

最後の卒業制作ではフォトギャラリーサイトと写真のポートフォリオ、ポストカードを作った際は周囲からの評価も頂き無事卒業。

卒業時は少し自信を持って「これが自分の作品です」と言えるようになっていました。

 

 

先生の言葉

フォトワークの時に個人や写真のアドバイスとしてもらった言葉。

ノートに書きこんでいたヤマヒロ的名言集。

 

「写真撮るのにほんとに大事なのは撮りたい写真をイメージすること」

「頭と中にあるイメージをどんな風に切り取るかが大切」

「上手くいったときの写真は自分の自信作になっているはずだよ」

 

「いい写真はすごいカメラ以前に君が扱えるカメラを持っていて、その瞬間に出会えるかどどうかだよ」

 

あの先生の言葉は忘れちゃダメだと思ったので。

 

好きを統合した趣味ブログ!

「写真ブログ」から脱線したのはいつだったのかはもう覚えちゃいないけど・・・

ここは自分の好きをカタチにする「趣味ブログ」として楽しく好き勝手に書いていくよ!

 

 

キャラと一緒にイラストも再起!

最初は自分でも写真ブログにキャラクターをだすなんざバカだな〜

と思っておりましたが「どんなセリフ入れて会話を展開していこうかな」と考えながら書けてて、これも一つの個性として楽しくブログを続ける原動力になっています。

 

気づけばキャラも設定もどんどん増えていっていますが、ブログのキャラを絵描きたいという想いのおかげで一度諦めたデジタルイラストも楽しめるようになれたのかな?って思ったり。

 

まだまだ絵に関してはようやく脱・初心者って感じだから楽しみながら表現の幅を広げて今よりも”いい感じ”なイラストを目指していくよ。

 

 

自己表現の趣味ブログ

写真カメラから繋がった自分の中のたくさんの趣味。

それらがたどりついたのは自分の体験したことや表現したいことを写真やイラスト、そしてキャラと一緒にヤマヒロの拙い文章力で書き綴る趣味ブログとなりました

 

時々「フォトワーカーフォトワークしろ」ってくらいエントリーが偏ることは多々あるだろうけど…

初めての一眼レフカメラPENTAX K-3を手にしてから広がったこの趣味ブログはブログそのものを趣味の一つとして自分らしく楽しんでいきたいです!

PPW(プライベーティアフォトワーカー)のヤマヒロ

Pocket