【インプレ!!】初めてのバイクを”青トリさん”こと「トリシティ155にして本当に良かった!」と思うこと!

Pocket

 

それは、幸せを運ぶ青いトリ

 

青トリさん(トリシティ155)

 

 

初めてのバイク、トリシティ155を買って走り出あの日から、

「今までの人生なんだったんだ」と思うほど「楽しい!!」と思うことが増えました。

思い返せば、子供の頃に新しいおもちゃを買ってもらって、満面の笑みを浮かべはしゃぐ“あの感じ”に似ています。

トリシティ155 フロントフェイス

 

 

超高性能全領域三輪車
「トリシティ155」

 

それは人生に“風”を、

僕らに“幸せ”を運ぶ第3の乗り物

 

 

 

 

 

それにしても、

三輪車って良いよね。すごく。

 

 

 

 

二輪にはない抜群の安定感で、

気負いなく乗れる楽しい乗り物。

 

 

 

 

 

低速安定性はもちろん、

ちょっと攻めた走りをしてもこいつに乗っている限り転ぶ気がしない。

 

 

 

 

今では、

屋根やワイパーの付いたハイテク三輪車も発売されるほど。

 

 

 

 

 

そんな人車一体の乗り物は今僕らを乗せ、

キコキコと漕ぎ出した世界で風は音も立てずに揺れているんだ。

 

 

 

 

 

さあ行こう、

未知なる道へ・・

 

 

 

 

 

トリシティじゃない三輪車

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーー「ト、ト、トリシティ!?」という方へーー

 

 

今回は割と真面目に自分のバイクデビューを飾った超高性能全領域三輪車トリシティ155を褒めちぎりながらインプレする記事です

 

 

お目当の情報が「対象年齢1歳6ヶ月〜」の方は大変お手数ですが戻るボタン、あるいは閉じるボタンをよりブラウザーバックをお願い致します。

 

 

ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ありませんでした。

 

 

今後はこのようなことがないよう、画像処理能力の向上に勤めて参ります。

 

トリシティ155 360view

 

ユリ
青トリさん回ってるねー
フウカ
今日の青トリさんは回ってますね!
リオン
おい、なんか青トリさん回ってるぞ!早いぞ!

 

ートリシティの画像はヤマハ発動機公式サイトよりー

 

 

 

 

幸せを運ぶ青トリさん

信じられないほどしょうもない自分の人生にあっと驚く“幸せ”を運んできた通称“青トリさん”こと青いトリシティ155とバイクデビューして10ヶ月ほどになりました。

トリシティ155 フロントフェイス

 

 

リオン
バイクデビューしてからもうすぐ一年だな。
ユリ
楽しく乗って、いろんな場所に行ったよねー
フウカ
大型二輪も取ったけど、最初の一台をトリシティにしてみてどうでしたか?
ヤマヒロ
控えめに言っても最高だったよ!

そんなわけで、もうちょいで一年目を迎えるバイク初心者の自分がトリシティ155でバイクデビューして「本当に良かった!」と思えたことをプライベーティアフォトワーカーの“大馬鹿野郎”が趣味ブログっぽくインプレしていくっすよ!

トリシティ

 

 

 

気軽に乗れる”スクーター”

 

「そうだ、バイクに乗ろう」

 

と、初心者の頃から身構えず、原付や自転車感覚で気軽に乗って”走ること”を楽しめたコト。

それは三輪の安心感と日常に寄り添うスクータータイプであるトリシティ155のおかげだろうし、今でもその“気軽さ”はお気に入りポイントのひとつ。

トリシティ155ブルー

 

ヤマヒロ
次点繰上げでデビューが大型MTだったらそうは行かなかったんだろうな。
フウカ
「公道怖いよぉ!」とか「立ちゴケヤダぁ!」ってなってたんじゃないでしょうか?
ユリ
バカにしないでよぉ…

 

 

乗り慣れた今でも相変わらず気軽に乗りだせるスクーターなので「ちょっとそこまで」

・・・のつもりが手ぶらで走りだして気づいた頃には日常が遥か彼方へ行ってしまうことも。

青トリさん

 

 

 

ホイールベースも広すぎないことから小回り旋回もしやすく、取り回しも教習車より全然ラクラク!

なので旅やツーリングでも「最悪Uターンすればいいか!」と気になった道を見つけたら楽観的に突撃しております(笑)

トリシティ155 遊歩道

 

 

日常生活に寄り添って便利、いつもより遠くへ旅できて、その上で楽しいのは他には無いミドルスクーターならではの魅力じゃないかな。

伊東マリンタウン

 

 

そして、トリシティに乗るようになってから”スクーター”って響きがなんだかジェントルな感じがしてもっと好きになったような気がするのは自分だけじゃないはず。

 

 

 

+トップケース

トップケースを付けると車両のデザインが崩れると思っていた時期が自分にもありました。

トリシティ155 トップケース装備

 

 

 

ところがギッチョン、リアのボリュームが増えたしツーリングはもちろん、お土産や買い出しでも色々と積めるようになって日常を彩る乗り物として利便性が大きく高まりました!

花園フォレストのお菓子のお土産

 

 

見た目に反して重量級装備という程でもないので押し歩きが苦になるというようなこともないし、メットインのように熱を気にせず、積載性が大きく高まるのでおすすめです!

パーツを揃えて自分で取り付けてみたい方はこれを見てね

カスタム初心者でも出来た!トリシティに穴あけ済みテールカバーでユーロヤマハトップケース取り付けよう!

 

 

 

過不足ない”155cc”

トリシティ155はその名の通り、排気量155ccのエンジン搭載機

初心者には速すぎず、日本の公道を”普通”に走る分には力不足でもなく、バイク初めましての自分にはピッタリでした!

トリシティ155ブルー

 

 

自分+青トリさんだと下道のワインディングは最高のフィールドで前二輪の安定性と相まった余裕のある走りで刻々と変わってゆく景色を一層楽しめるようになりました!

圧倒的されるような景色じゃなくっても、のんびりバイクに乗ってるという非日常が大好きだし、ずっと走っていたくなっちゃうの青トリさんのおかげ。

トリシティ155 下道ツーリング

 

 

またヤマハの“ブルーコアエンジン”としてノーマルマフラーなら下手な原付よりも排気音が静か実はその力強い音質もかなり気に入ってる部分。

トリシティ155 エキゾースト

 

 

燃費も31~43Km/L前後を記録しているのでご近所さんにも環境にもお財布にも優しい乗り物ですっ!

 

 

もしも、燃費落ちてきたら、ガソリン添加剤使ってあげると良いっすよ!

【燃費大回復!!】ガソリン添加剤を入れたらスクーター、トリシティ155の燃費が大変なことになった話

 

 

さらに高速を走れるのも155ccの大きなメリット。

飛ばし過ぎない性格な一方、力強い加速感で回せば60キロまではすぐ出せるし、道路の継ぎ目の衝撃が二倍(?)来る以外は直進安定性が高め。

スクーターながらフロント二輪のおかげで大きな橋での強い横風にも車体が流されにくいので初めから高速走って怖いというシーンは特にナシ。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

 

高速でのスピードレンジは60~90キロ巡行が得意な印象なので、すり抜けや追い越しとは無縁にのんび〜り走行車線を走れば乗ってる自分も気持ち穏やかです。

トリシティ155 高速道路

 

リオン
高速道路の坂道でブン回して最高116キロぐらいまで出せてたな。
フウカ
ただ、フルスロットルを長く続けるとエンジンの振動が大きくなるし、燃費もかなり落ちゃいますよ
ヤマヒロ
高速での走り方によっては車両に無理させてしまう感じもするけど、そこはオーナーさん次第かな。

そんな自分は「幸せ者め!自分も幸せだ!」と言えるようなオーナーでありたいのでござる。

 

 

 

“怖い”知らず!

「バイクは怖い乗り物」

親の教えか、周りの環境か、世間の認識か。

いつからそんな風に決めつけるようになったか良くわかんないけど、そう思ってた時期が自分にもありました。

そんな自分もトリシティでバイクデビューしてから怖いは”楽しい”へ、数多の体験を通じて自他共変わっていきました。

トリシティ155 LMW

 

 

 

リオン
原付から普通二輪へのクラスチェンジだもんな〜
ヤマヒロ
免許はあったけど、初めてのバイクで公道に走り出してみて価値観変わったよ。
ユリ
立場が変わると見え方も変わるもんね。

 

 

そもそも「バイクは危ない」と反対だった親の説得材料になったのも三輪のトリシティのおかげ。

 

 

その助けもあってか、楽しい乗り物として走り続けることができるし、今では我が家の日常に溶け込んだ存在になってます。

バイクのある生活

 

 

ここまでトリシティ155と一年近く走ってみて、少なくとも無理な運転をしない分には走っていて怖いと思ったシーンはありませんでしたっ!(断言)

バイクは「考えるな、感じろ!自分で感じなきゃダメなんだ!!の世界です!

秩父市役所前バイク置き場

 

 

ちなみにビビリな自分はバイクですり抜けはしないことにしています。大事に乗りたいし、危ないから。

怖いとは無縁に“楽しく走る”がモットーだからこの際”ビビリ”とか”バカ真面目”だとか言われても構いませぬ。

ここ最近は親からの「気をつけてね〜」だった出発のあいさつが「行ってらっしゃい!」に変わってきたし、お気に入りの愛車と共にこれからも無事故無違反で走り続けたい。

YJ-17 スモークシールド トリシティ155

 

 

 

“楽しすぎ”て発狂しそう

超が付くほどの安全運転だった納車初日の感想は「初心者の自分でも走りやすかった」

トリシティ155 キー

 

 

それは10ヶ月乗っても変わらず、ATのイージーさがひとつ。

それに加え前二輪で地面を掴んでいるような安定性を持ちながら、身軽に右へ左へと地面をスキーで滑るようなスポーツライクな走行性をも持ち合わせているのはトリシティの大きな特徴。

トリシティ155

 

 

この安心感はスラロームで一歩間違えればズコー。。

と行ってしまうMT教習車CB400(普通)やNC750(大型)からは想像できないレベルだから良い意味で裏切られました。

二輪免許スラロームコース

 

 

さらにフロント二輪の安心感に加え、LMW機構を持つトリシティはスポーツスクーターのようなキャラも持ち合わせていて、バイク初心者のイージーなスポーツライドにはうってつけ!

ヤマヒロ
LMWの特性を把握してからは思いっきり倒せて、ちょっとワイルドな気分も味わえるぞ!
ユリ
思いっきり押し倒してワイルドな気分…
“わたし”も”ベッド”でやりたいです♪
フウカ
え?
えぇ・・
えええぇ……!?
リオン
“トリシティ”を”ワインディング”での話だぞ。

 

 

トリシティのフロント二輪はちょうど足を下ろした先の位置

スクーターゆえニーグリップはできないのでスキーのように両足をフラットフットボードに思い切り踏み込むイメージでスポーツライドを楽しんでいます。

トリシティ155 ライダー視点

 

 

秩父の299号線を走った時、コーナーをフルバンクで思いっきりリーン、狙ったラインをなぞって起き上がった時は頰を緩ませて真っ赤な顔してたと思うです(笑)

トリシティ155 ワインディング

 

※二輪ロードスポーツほどのバンク角は無いので気持ちよく寝かせすぎには注意!

センタースタンドを擦っちゃうぞ。

 

 

そもそも「スクーターなんか乗って楽しいの?」って聞かれた事あるけど、シティコミューター(スクーター)のトリシティ155は高速道路が退屈に思うほど、一般の峠道が楽しすぎて発狂しそうだから安心してね!

 

フウカ
そもそもスクーターは攻めるためのバイクではないし、安全にルールを守って乗るから楽しい乗り物だから、自分とマシンの範疇で楽しもうね。
リオン
トリシティでの限界が見えたならスポーツバイクにステップアップだな!

 

 

 

 

二人乗りもラクラク!

二輪免許取得から1年経って二人乗りもアンロックになり、自分やパッセンジャーの“行きたい”を叶える力にもなりました。

トリシティ155 二人乗り

 

 

初めてだと乗ることに抵抗があったりするけど、自分の場合は普段の性格やフロント二輪で安定性の高いトリシティのおかげで思いのほか安心して乗ってもらえてる印象です。

トリシティ155 ユーロヤマハ トップケース装備

 

 

特に休みが合う弟はよく乗せて相模湖へダムカレー食べいったり、会社で聞いたという山中のパン屋さんを目指したり、町の喫茶店で朝食を食べたり、YSPツーリングに同行したり、二輪体験会に連れて行ったり。。

 

 

今は休日しか乗れない分、1人でも2人でも特別な時間を運んでくるトリシティで走ることは最高に楽しいです!

スペアヘルメット

 

 

スクータータイプのトリシティならメットインがあるし、2つめの置き場に困るヘルメットもトップケースがあれば収まりもマル。

 

 

独りよがりな思い上がりのようだけど、弟に譲ったものと別でスペアヘルメットも購入して、「バイクに興味がある」って人はご縁さえあれば積極的に乗せてあげたいと思ってます。

YJ-20 スペア

 

 

そもそもバイクは自分で感じてみなきゃ分からない”体験”なので、実際に乗ってもらえばバイクに触れる良い機会になるはず。

「一緒に乗って楽しみましょう!喜ばせましょう!」ということで青トリさんと幸せを運びたい!

アイコン用ヒロユリトリシティ155

 

 

 

まとめ

人生は決断の連続だというけど、そのほとんどが成り行きだ。

それでいて大型教習を終えた、あの時もう一度トリシティ155に乗ろうと思えて本当によかったと思う。

トリシティ155 レッドバロン町田

 

 

ユリ
風を切って走れるように、わたしもトリシティを運転できるようになりたいなー!
ヤマヒロ
今は、青トリさんとトリシティをバイクを知らない人から見ても分かる、FunRide(楽しい乗り物)として広めていきたいと思う。
フウカ
でも、どんなカッコいいバイクでも結局は乗ってる人間次第ですよ
リオン
なら、極めて感じの良いトリシティ乗りとしてリアル、ネット問わず行動で示すしかないな!

 

 

トリシティが自分の人生(?)を輝かせるのか、自分がトリシティを輝かせるのか。

写真を好きになったことから始まって、今はバイクのある生活が最高に楽しいです。

桜トリシティ155

 

 

去年からはバイクに時間もお金をかけたけど、率直に投じた100倍以上は還ってきるこの体験価値はプライスレス!!(ヤマヒロ換算)

「良いことにお金も時間も使えたな〜」って思えてる自分は幸せ者です!

トリシティ155 ナックルバイザー

 

 

以上、幸せを運ぶ青トリさんと幸せな未来へと人生を走るヤマヒロ(@yamahirok3)のヤマハトリシティ155インプレでしたー!

お気に入りのバイクのある生活で幸せになろう!

青トリさん

 

 

 

 

 

終わりに

 

トリシティに興味を持っていて、

最後まで読んでくださった方へ

トリシティ155 2019モデル

 

 

 

幸せを運ぶ“青トリさん”こと一人のトリシティ155乗りとして、

バイクに乗って幸せを掴んだ一人の“大馬鹿野郎”の体験記をブログというカタチで体験していただきました。

 

実を言うと、まだまだ書きたいことはいっぱいなのだけど、今日は一旦ここでペンを置かせていただきたいと思います。

 

免許、車両、その他いろいろと苦労して始める趣味だけど、バイクに乗るためには少しばかりの努力は要る。

 

それでも自分の体験に触れ、その先にあるあなたの”これから”が、”いままで”を笑い飛ばせるような“幸せな時間”で溢れますように。

 

ヒトの何倍もの力を発揮するバイクを操って、感動体験が連続する幸せな未来に向かって、走り出すキッカケになれたなら幸いです。

 

青トリさんと一人の大馬鹿野郎のバイクライフを見届けた、あなた自身の手で。

青トリさん トリシティ155 メインキーカバー

 

 

 

 

Pocket

最後まで読んでくれてありがとう!コメントを残して一緒にシェアしませんか?