オススメのアイテム 撮影機材

カメラ4台レンズ10本余裕!アマゾンブラックフライデーで買えて良かった大容量なHOKUTO HB-102EM電子防湿庫

投稿日:

沼にオーバーヘッドダイビングしてカメラやレンズの機材道楽を楽しむ皆さまこんにちは。

カメラもハンドルも振り回すの大好きなPENTAX(ペンタックス)ユーザーのヤマヒロです。

MT-10SP PENTAX K-1mark2

 

 

先のブラックフライデーにて増えすぎたカメラ・レンズをキチッと収めるため、いよいよ手を出したら負け(何の)なカメラ用電子防湿庫に手を出してしまいましたー!

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫 LEDライト

 

 

フウカ
一人でバイク3台持ってるのに撮影機材も多すぎませんか。。
リオン
ってかこんなにカメラ、レンズ持ってたっけ?
ユリ
いっぱい持ってるのはペンタックスユーザーさんあるあるみたいだよ。
勝手に生えてくるならしょうがないよねー。
ヤマヒロ
で、ドライボックス卒業して防湿庫が欲しくなってきたお年頃です。

PENTAX カメラ レンズ

 

 

そんなこんなで、今回はアマゾンブラックフライデーで購入したHOKUTO製 電子防湿庫のお話です。

予定よりちょっとだけ高くついたけど、防湿庫は大事な機材のため安価なもので妥協せずに買って本当に良かった素敵無敵使用でした!

紹介としては簡単ですがこれから選ぶ、あなたの電子防湿庫探しの一助に慣れれば幸いです…!

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫

 

 

 

今回紹介するアイテム

 

 

 

ブラックフライデーで防湿庫を購入へ!

今回購入したのはHOKUTO 102L防湿庫(HB-102EM)

いわゆるカメラ・レンズ用の電子防湿庫で、コンセントに繋いでおけば乾燥剤不要で自動的で温度や湿度を調節してくれるというスグレモノです!

100L電子防湿庫と20Lドライボックス

 

 

20Lドライボックスがパンパン

学生の頃、頑張ってアルバイトをして買った2013年10月

当時の発売されたばかりだったフラッグシップ機のPENTAX K-3 レンズキットから始まったカメラライフはいつの間にか9年目。

PENTAX K-3

 

2020年にはPENTAX K-1mk2でフルサイズデビュー!

ほかの趣味と一緒に写真・カメラも細〜く、長〜く楽しく続けてきた趣味ではあったのだけど、、

人に譲っても、送り付けても、機材道楽が楽しいペンタックスの撮影機材は勝手に生えてきてしまうため年々増加。

レンズプレゼント

 

 

2022年12月現在ペンタックスKマウント機だけてもカメラ4台、レンズ10本ほどまで増殖していました。

(+GR IIITEHTAシリーズ、Qマウント、双眼鏡他)

 

 

あいにくずっと使っている20Lのドライボックスにはとっくに収まりきらず、常にパンパン。

おかげで状況によってはサイズ保管ができない一部フルサイズのカメラやレンズもカメラバックに入れっぱなしになっているものも。

 

 

おまけに、ごちゃごちゃと押し込むその中には値段も使用頻度の高いレンズもあり、除湿剤を複数入れてもカビが怖い程度にウェット気味だったり。。

大事な機材の保管環境はいろいろと心配だったので、ゆくゆくはちゃんとした防湿庫が欲しいなと思っていました。

 

 

 

防湿庫を買うなら大きめのサイズ

大がかりな部屋の模様替えを機にドライボックスを卒業して防湿庫の購入に向けてリサーチ開始。

購入に際しては皆さなん思うところは同じようで、、

「自分の思ってるサイズよりも大きいのを選ぶ事をおすすめします!」とか「どうしてもレンズが勝手に生えてくるんですよね。。」とか。

中には「多分防湿庫は大きければ大きいほど中身が底なしに増えると思います。 でも絶対に大きい方がいいです!!」

というようなバイク&ペンタックス仲間さんからレンズ沼のほとりで背中をちょん(実際はドーン!!)といったアドバイスも頂き、60L-100Lあたりへ狙いを絞るのでした。

PENTAX カメラ レンズ

 

 

 

アマゾン ブラックフライデーにて

予算は3万円ほど用意していたのだけど、ブラックフライデー価格で狙っていた2万円でお釣りが来るHAKUBAの100Lはあえなく完売。

なし崩し的にワンサイズ落とした60Lや巨大な128L他の前後サイズも確認したところ、あろうことか全滅ハッピーエンド。

他販売サイトを覗いてみてると一般販売価格で同クラスの容量を狙うと3万〜5万円は下らないため、そこから目移りしたのが国内メーカーの上級モデルへ

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫

 

 

上級機の場合はそもそも除湿方式が違ったり、トレーの引き出し機能やLEDライトといった便利機能が備わっていたり。

除湿して、保管するだけの防湿庫してはやることは一緒でもメーカーやグレードによって高い安いの感覚まちまちでした。

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫 タッチパネル

 

 

 

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫

そんなこんなでチョイスしたのがHOKUTOという日本メーカーの102L電子防湿庫

 

 

配送業大忙しなAmazonのブラックフライデーでの購入ということもあり購入から2週間ほど。

サイズに反して重量は軽めな、被ってスニーキングミッションできそうなくらいデカい箱で来ました。

 

 

とりあえずコスパ重視のハクバ製から次点繰り上げで選んだところもあったけど、電子防湿庫としての各種機能は便利で大正解!

さらにブラックフライデーでガッツリ値下げしていて、80Lと迷ったものの当初の予定通り100Lクラスを3万ちょいくらいの価格帯で購入することができました!

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫

 

 

到着した箱は一人で抱えられる重量だったけど、階段で洗濯物を蹴散らし、和室のドアを通れずベランダから回り込んだり、どうにかこうにか自室まで運んでいざ開封。

タイミング悪く、部屋の模様替え中でハサミやカッターナイフが見当たらず、先日キャンプツーリングで使ったアウトドアナイフでワイルドにぶった斬ったにはここだけのお話。

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫 開封

 

 

専用箱と梱包材で丁寧に収められているので大ぶりな防湿庫を箱から引き抜くのが地味に大変でした。

強化ガラスと言えど部屋で割ったら大惨事なので布団に寝かせながらゆっくり引き出しました。

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫 開封

 

 

配置を予定しては部屋の隅に置いてみると102Lクラスということもあってかなりの存在感。

単純計算で容量は今まで使っていた20Lドライボックスから5倍とかなりの大容量です…!

100L電子防湿庫と20Lドライボックス

 

 

HOKUTOの製品型番には今回買ったHBとHPの2種類。

2つの違いとしては上部がタッチパネル形状と表示が今回買ったブルー(HB)レッド(HP)かの違いだけ。

価格差こそあるけど防湿庫としてのスペックの差は無いのでお好みでOKっすよ。

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫 タッチパネル

 

 

 

手持ちの全てのカメラ・レンズを収納!

まずは、手持ちの機材を全部収納。

ゆとりを持たせて置いても余裕があり各種フィルターレンズやバッテリーグリップなどオプションはもちろん、機材を増やすにも困らなそうでした!

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫 100L大容量

ヤマヒロ
ペンタックスKマウントのカメラ4台とレンズ10本を入れてみたっすよ。
ユリ
まだまだいっぱい入りそうだねー!

 

 

 

引き出せるトレーマットは広々使えるフラットなものとレンズが転がらない波型の2種類が付属。

 

 

個人的に多少価格が高くなってもトレーの引き出し機能があるものを選んで大当たり!

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫 引き出しトレー

 

 

というのも、機材の密度にもよるけど、各段の高さの調整をしても上下のスペースはやや手狭。

なので収納する機材がいっぱいいっぱいでも天板や上部トレーにぶつけず出し入れできるのは傷を気にしやすい人や機材を大事に使いたい人には嬉しいポイント。

特に塗膜の脆い縮緬(ちりめん)塗装なシルバーのPENTAX KPも居るので引き出せるトレーのモデルを選んだのは本当に良かったと思う部分でした。

 

 

除湿性能も折り紙付きで扉を閉めれば自動で湿度がゴリゴリ下がります。

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫 湿度調整

ホクトォ↓スゥパァ↑ドゥルァァァァイ↓

 

 

乾燥剤不要で静音・エコ設計の全自動ペルチェ式電子ドライユニットは電気代も1日約1.2円が目安とのことで換算2ヶ月で缶コーヒー1杯くらいで済むそうな。

おおよそ3つで500円くらいの乾燥剤を年に数回変えてたと思うと、むしろちょっと安上がりなのでランニングコストもグレートですぜ!

 

 

 

LEDライトでプラモがカッコいい…!

HOKUTOのHBシリーズは上級機として防湿庫内部を照らせるLEDライトが搭載!

頭の悪い男の子はこういうの大好きなので無駄に光るの「カッケー!」です!

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫 LEDライト

 

 

あと本来の使い方じゃないけど、 LEDライト点けてカメラ用防湿庫に置いて撮る戦闘機の模型やプラモがアニメの格納庫みたいでめっちゃカッコよく見えるの自分だけじゃないはず…!

HOKUTO防湿庫 戦闘機模型撮影

 

 

フウカ
あ、ヤマヒロさん学生の頃プラモとか作ってたんですね!
リオン
趣味の移ろいを感じるよな〜

 

 

 

ちなみに商品画像だと青色のLEDだけど、実際は白色なのでご注意を。

★WB蛍光灯。
画像はイメージです。何を言ってるのか分からねーと思うが。

 

 

 

まとめ:買ってよかったHOKUTOの防湿庫!

いつかは防湿庫。

そんなこんなでいよいよもって、買ってしまったHOKUTOの防湿庫は部屋の片隅でものすごい存在感を放っています。

100L電子防湿庫と20Lドライボックス

 

 

ペルチェ式は音が出ないので寝るときに困らないし、フルオートでしっかりと除湿もできて、インテリアとしてもクールでカッコよくてなんだかとっても良い感じー!

いわゆるQOL(クオリティ・オブ・ライフ)とかいうか、生活とカメラライフの質が上がった感マシマシですっ。

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫

 

 

どの防湿庫もやることは一緒なのだから予算内なら性能とかコスパなんかは割とどうでもいい。

大事なのは実際に使って、一番自分の気分がアガるものを選べれば大正解なのだと思うです。

HOKUTO HB-102EM 電子防湿庫 タッチパネル

 

 

ヤマヒロ
こういうとき、人間思い込みが大事だと思うんだ。
リオン
好きなことや好きなものは輝いていないとな!
ユリ
さぁ!中身を増やそうー!
フウカ
ええ。。カメラ5台持ち。。

以上、来年PENTAX K-3 mark3をお迎えする準備万端なヤマヒロでした!

PENTAX K-3 K-3Ⅱ

 

 

今回購入したのは国内メーカーHOKUTO 102L防湿庫(HB-102EM)

比較的お手頃な50Lサイズから特大サイズの130Lクラスまでラインナップしているので、HOKUTO製で行くなら是非チェックしてみてね。

-オススメのアイテム, 撮影機材
-, ,

執筆者:

関連記事

サバゲー装備

赤羽の戦利品とミリモノ紹介をしてみる

少し前に赤羽に行ってきたヤマヒロです。 下町スナップもハードモノクロームがハマり面白かったのですがメインは趣味品のお買い物でした〜。 早速いじくり回してそこそこテンション上がっているんで ニャンだコイ …

happilax 貼るくもり止めシート

【レビュー】コスパ最強なシールドに貼る曇り止めシート!廃盤ヘルメットYJ-19のピンロックシート代わりに使ってみたよ

冬でもバイク乗っちゃう皆様こんにちは。 寒い日はフルフェイス派なヤマヒロです。 今回はLMWビワイチのご縁あって、大阪より送って頂いたヤマハのシステムヘルメットYJ-19(GF2)に貼る曇り止めシート …

マルカワxエドウィン バイクジーンズ 2種

マルカワxエドウィンのバイク用ライダースジーンズ! 普段使いやカジュアルなウェアにも着合わせしやすいおすすめの1本

皆さんはバイクウェアと合わせるボトムスは何を履いていますか? もはやバイクウェアが普段着と化しつつあるフォトライダーのヤマヒロです。     せっかく思い思いのカッコいいマシンに乗 …

MT-10SP ジャンプスタート

出先でバッテリー上がってMT-10のエンジンが掛からない!JAFを呼んだけど、モバイルジャンプスターターなら一瞬だった話

神奈川の自宅から遥か彼方450kmほど。 ツーリング先の琵琶湖の外れにある毎度お世話になっている水口センチュリーホテルの広々とした駐車場の片隅で。       リオン ケ …

カエディア ワイヤレス充電スマホホルダー 切り替えスイッチ

カエディア(Kaedear)のワイヤレス充電スマホホルダーを自分で取り付けよう!電源ケーブル作成や結線方法も紹介するよ

ナビとして使うから、スマホのバッテリーが持たない。。 だから「走りながら充電できたら良いのに…」そんな風に思ったことありませんか? 使い込んだスマホゆえか、そう思うことが自分にもありました。 &nbs …

スポンサーリンク



自撮り with MT-09 TRACER
カメラとバイク旅と絵を描くことが大好きな自由気まま(プライベーティア)なフォトワーカー。

写真やイラスト、オートバイなど多趣味に楽しんでいます。

プロフィールはこちら

アイコン用ヒロユリトリシティ155

 


【ヤマヒロ】

PPW(プライベーティアフォトワーカー)のヤマヒロ
このブログを書いている人。

自由気ままなプライベーティアフォトワーカー。

写真撮ったり、絵描いたり、バイクで走るのが好きな今風多趣味な20代”直上的大馬鹿野郎”

MT-10SP&ヤマヒロ

 

【リオン】
PPWのリオン
もともとはネットにおけるヤマヒロの分身(アバター)だったケモノのキャラクター

のんびり温厚な性格でヤマヒロとは違う目線でツッコミやワンポイントアドバイス。

知らない土地へ行くことやガジェットが好き。

 

【ユリ】

キツネの耳と尻尾の生えたの狐の女の子。

明るく純粋な一方ふわふわした性格で天然ボケをかましたり、素でとんでもないことをやらかすことあり。

 

外の世界への憧れからシルバーカラーのPENTAX KPを手に写真・カメラの勉強中!

 

ユリ姉

時々”おとなのすがた”通称ユリさんに化けます。

 

 

【フウカ】

お空からやってきたという純白な羽の生えた女の子。

フロント二輪のLMW機構を備えた三輪バイク、トリシティに乗っているヤマヒロの先輩ライダー

 

性格は引っ込み思案でおとなしめ。

好きなことについては口数が増え、押しも強くなっちゃうタイプ。



ハピタスを経由するだけ!

ネットショッピングで年1.5万円〜もらってます!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス