モーターサイクル

強化コイル・プラグに交換したトリシティ155がアイドリング不調(息継ぎ)とエンストで死亡 原因の点火系部品を対策したよ

投稿日:2022年12月21日 更新日:

トリシティ5年目の大馬鹿野郎なヤマヒロ(@yamahirok3)です!

酉つくねさん撮影分 千葉房総トリシティツーリング

 

 

楽しい楽しいバイクライフ、何が起こるかよく分からないとはよく言ったものだけど。

時としてあってはならないことが起きたりすることありませんか?

千葉トリトリトリツーリング

 

 

たとえば、、

ヤマヒロ
トリシティがエンストした!
フウカ
ごめん、何言ってるか分んないです。
ヤマヒロ
そうか。。

 

 

はい。

何考えてんだ。トリシティはスクーターだぞ。エンストなんてするワケが…

と思ったけど、あれはまさしく『エンスト』だった。なんだこのスクーター。どうしてこうなった。。。

 

 

 

と言う感じで超高性能全領域三輪車のトリシティLMWの王様NIKENに勝るとも劣らないほど、刺激と安定を手に入れちゃったヤマヒロです。

ブルーコアエンジン止まったら死ぬ的な断崖絶壁感ヤバいです。

トリシティ155 アドバンスドプロ 強化コイル エンスト対策

 

 

 

「そんな状態で大丈夫か?死ぬぞ。」という方へ–

今回はトリシティ155で発症していたブルーコアエンジンのアイドリング不調とエンスト現象の原因切り分けから対策完了までについて紹介する記事です

トリシティ155 アイドリング不調とエンスト

 

 

 

冒頭を見て「青トリさんが・・そんな…」と哀悼の意を示してしまった方は大変お手数ですが戻るボタン、あるいは閉じるボタンをよりブラウザーバックをお願い致します。

エンジン死亡時は本気で降りたり、乗り換えも検討する程度に多大なご心配、ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ありませんでした。

何であれ“全てのものはいずれ壊れるし、人生は片道切符”なんだな〜と。

トリシティ155 後悔

 

 

ちなみに走ってる真っ只中でのエンストされると「大丈夫だ問題ない」どころか普通に“大問題”なのだけど、

「自分がバイクを降りるのは死ぬときか、恋をしたとき。」とかカッコ良すぎるから言ってみたい。(言った人は助からないやーつ)

トリシティ GIVI ラージスクリーン 割れた

 

 

 

 

トリシティ155がアイドリング不調でエンスト!?

コトの発端は自分が最初のバイクとしてトリシティ乗り初めて半年過ぎた頃。

信号待ちで静か〜にエンジンが止まりヤマヒロ初めての臨死体験。

どうやら信号待っていた速度・スロットル開度ゼロの時、そのままエンストしてしまっていたようでした。

トリシティ155 マフラー

 

 

この時セルを回せばすぐに再始動出来たのであまり気にしていなかったけど、

2018年の購入から運悪く発症した1回きりだったエンストの発生頻度はトリシティ155パワーアップの一環として強化コイル・プラグに入れて1年目あたりから少しずつ増加。

トリシティ155 下道ツーリング

 

 

プラグとコイルの点火系強化後の症状としても同じく速度、アクセル開度ゼロの時に息継ぎするようなアイドリングの不調からエンストしてしまう状態

トリシティ155 アドバンスドプロ 強化コイル エンスト

 

 

事象は全く起きない日もあれば、普通に走れた帰り道でいきなり発症することもあり、高い安定性が売りなLMWのエンジンコンディションは不安定で日によって症状はまちまち。

ストックしていた予備の強化コイル・プラグを新品部品に交換してみたところ交換直後は落ち着いていたけど、エンスト自体はゼロにはならず結局のところ原因が掴めずにいました。

 

 

残念ながら周りにも似たような事例がなく、そもそも“AT(オートマチック)のスクータータイプのトリシティがエンストする”ってのも他の人からすれば間違いなく妙な話でした。

ユリ
時々、青トリさんが心臓発作してて怖かった。。
フウカ
単気筒だからエンジントラブルあったら即停止ですし、変なとこで止まると乗り手が死にますもんね。。

 

 

 

ブルーコアエンジン死亡

2022年9月のある日、いよいよもってブルーコアエンジンが死亡。

実際トリシティに乗って史上最悪の一日で単機で千葉県富津の“友達の家”感覚で通わせていただいている大好きなお店のビータスカフェまで足を伸ばした日のこと。

出発時はなんとも無かったはずが走行中アクセルが鈍くなり、息継ぎするようなアイドリング不調は町中の信号待ちならともかく、足を着いて止まる高速道路の渋滞でもお構いなしにエンスト現象が多発。

 

 

常に低く唸るようなアクセル開度を保ち、前後フルブレーキでグッとフロントフォークを沈めながら市街地走行を続けて真っ直ぐ自宅へ。

あいにく、去年替えたばかりのリチウムイオンバッテリーも悲鳴を上げそうなくらい、行きと帰りでゆうに15回を超える再始動を繋いでどうにかこうにか帰着。

終いにはセルモーターで始動するも、最初から苦しそうに息継ぎするようなアイドリング不調でエンジンもすぐ停止し、最終的に火が入らず始動すら出来なくなってしまうのでした。

 

 

悪いのは強化コイル?

自宅で完全にエンジンが死亡。

素人目線ながら一番の被疑箇所として見ていたのは純正部品から換装した点火系パーツのアドバンスプロの強化コイルMotoDXプラグあたり。

トリシティ155 アドバンスドプロ 強化コイル エンスト

 

 

シート下を開けて点火系周りをチェックするもパーツの破損やプラグキャップの緩みとかも見受けられず。

唯一気になったのは僅かにエンジンが回っている間だけ何と言うか、ブルーエンジンから通常稼働じゃない“チチチチ”という異音がしていたこと。

トリシティ155 アイドリング不調とエンスト

 

 

他のエンジントラブルの事象も調べて見たけど、とりわけ自分の場合トリシティもツーリングユースなので通勤の足として日常的な短距離走はなし。

またガソリン添加剤はAZのものを積極的に入れており、エンジンが止まっても再始動は即時できていたことからカーボン噛みではなさそうでした。

トリシティ ガソリン添加剤

 

 

また点火系周りだと人によっては交換した際にプラグキャップがきっちりはまっておらず、走行中に緩んだだけとかいうサンデーメカニックあるあるなお話も。

あいにく買って1年以内のフルノーマル時もエンスト現象は1、2回ほどあったので完全に強化プラグやMotoDXプラグが原因ではないかもという嫌な予感がほぼ確信に変わったのがこの時。

 

 

 

 

トリシティを降りるor修理

常時一定以上アクセル開けないとトリシティのエンジンと自分が死ぬ。という陸のマグロ状態。(トリだけど)

一歩間違えれば追突事故も起きかねない程だったけど、

あの時はポカポカな残暑の陽気はよそに、冷や汗でお気に入りヘルメットをぐっしょりに濡らしながらでも生きて家まで帰ってこれただけラッキーだったのかなと。

ショウエイ GT-Air 2 with トリシティ155

 

 

もっぱら絶対に事故らないし、事故れないのは大前提に趣味は命の危険度が高いほど面白い(違)

とはよく言ったものだけど、強すぎる刺激と安定を手に入れちゃったバイクのエンジントラブルはさすがに別問題。

それでも自力でやれることはやり切ったつもりなので、修理の内容によっては他の理由と合わせていろいろ思うとこはあるけど、これを機に「トリシティを降りる」というのはしょーじき真面目に思ってしまったお話。

トリシティ155 乗り換え

 

 

 

リオン
手放してMTの2台体制か、謎のノリと勢いで乗り換えか。どっちだろうな〜
ヤマヒロ
俺、トリシティを降りたら、
MT-07かMT-09ストリートラリーを買うんだ…!

 

 

 

ユリ
まだ増やすの!?
フウカ
ストラリ!
ヤマハのアニメにも出てたアレですね!
レアなマシンですし、うだうだ迷うくらいなら、ローン組んでさっさとry…

MT-09 ストリートラリー ヤマハ アニメ マスターオブトルク

ーアニメ マスターオブトルク 第4話よりー

「何かを変えることのできる人間がいるとすれば、その人は、きっと…大事なものを捨てることができる人だ」

という好きな言葉があるけれど、

“手放すのを機に”という「MTカッケー!」という直情的な理由だけでMTへの乗り換えを選ぶとしたら。

そのときは、きっと・・

自分が人生の大事なものを捨てる時なのかもしれない。(2回目。半分誇張、半分本気)

トリシティ155 乗り換え

 

 

 

そんなこんなで最悪の最悪はトリシティを降りることも視野に入れつつ、購入店のバイク屋さん(レッドバロン)にてみてもらうことにしました。

その時、店先に並んでいたロールバーンカラー(シルバー/ブルー)の初期型MT-09のせいでこんな想いになったのだろう。

ああ。きっとそうだ。そういうことにしておこう。

 

 

 

原因のパーツ

消耗品の減り具合は全く問題なかったことから、部品が揃った後日ちょっと早めな法定点検と合わせて車両を預けレッドバロン町田へ原因調査を依頼。

 

 

修理に際してはお店側にカスタム状況をお伝えしたところ、ひとまず被疑箇所である強化品に交換している点火コイル周りの純正アセンブリを注文して組み替えすることに。

トリシティ155 アイドリング不調とエンスト原因対策

 

 

その結果、メカさんの予想は的中で結論先に書いてしまうと原因はアドバンス・プロ製強化コイル付属のプラグキャップでした。

トリシティ155 アドバンスドプロ 強化コイル プラグキャップ交換

 

 

レッドバロンのメカさん曰く、現行機としては珍しいケースなので原因の特定までは時間が掛かったけど、

「プラグキャップ内部で接触不良による電気のリークがあったようで、点火プラグまで火花が飛ばず”チチチチ”という異音がしていた。」とのこと。

 

 

 

聞いた話、今回の場合だと社外品は純正プラグキャップと形状や材質も別モノ。

ひとつの部品としての品質や精度を求めると有名ブランドでもない限り、コストとか設備その他諸々の都合上どうしても純正パーツに及ばないところはあるそうな。

それがエンジンを動かす主要パーツということもあって、強化品を入れるにしても安全性は妥協しちゃいけない部分でした。

トリシティ155 アドバンスプロ 強化点火コイル交換

 

 

 

強化部品はそのまま!

原因が分かったところで今度は再発させないための対策のお話。

まず頭に浮かんだのは動作安定性を取る一番現実的な方法としてはパワーダウンする前提で点火系部品の純正(ノーマル)戻しすること。

トリシティ155 アイドリング不調とエンスト原因

 

 

あいにく一度体験してしまうと戻れないとよく言ったものでして。

自分の場合は目的地まで高速道路を多用したり、峠道のアップダウン耐性やコーナリングを楽しむにあたって、少しでも推力を稼ぐためノーマル戻しはやりたくないというのが本音。

 

 

また、155スクーターの数少ないお手軽パワーアップ方法として強化コイル+MotoDXプラグで激変したというと大げさなのだけど、

個人的に基礎性能を底上げしている感覚で特にゼロ加速と中間加速が確実に良くなっていることから“トリシティで走るを楽しむ”なら絶対に必要だと思ってる大事なパーツでした。

トリシティ155 高速道路

 

 

そこで残せる強化部品はできるだけそのまま活かしてもらうようリクエストした結果、提示してもらったのが補修部品として用意したパーツの一部からいいとこ取り。

強化コイルやMotoDXプラグはそのままに、原因であった強化コイルのプラグキャップ部分のみ交換し、ヤマハ純正部品(NGK製)で繋ぐというパワーロスなくエンジン点火系周りの安定性も確保する最善策へ!

トリシティ155 アドバンスドプロ 強化コイル エンスト対策

 

 

「何かを犠牲に復活する展開はアツい!」

と、頭の悪い自分としては強化コイルかプラグのどっちかを犠牲なるのは覚悟していたのに、レッドバロンに頼んだがばっかりに一番良いのが出てきてしまうのでした…!

最悪の最悪は乗り換えも検討していたのだけど、直ったから結果オーライ。(増車は無理しても無理)

バイク3台持ち

 

 

ともあれ、レッドバロンのおかげで強化部品を生かしたまま組み付けて頂いた結果、

3ヶ月ほど街乗りやみんなとツーリングで走ってみたけどエンスト現象はすっかり起きなくなり、青トリ(ヤマヒロ機)のエンジンは完全復活を遂げました!

千葉トリトリトリツーリング

 

 

 

まとめ:また走れる

今回は強化コイル・プラグに交換したトリシティ155で発生したアイドリング不調やエンストといったエンジントラブルとその対策でした!

原因が分からずブルーコアエンジンが死亡したときは割と気が気じゃなかったけど、恒久対策も含めてきっちり直してもらうことができました…!

トリシティ155 アドバンスドプロ 強化コイル エンスト対策

 

 

 

ユリ
これで青トリさんもまた走れるねー!
リオン
蓋を開けてみれば、
ほんの1部品のトラブルだったな〜。
フウカ
アイドリング不調ならまだしも、
エンスト現象のトリシティ乗りさんはあまり見かけないのでレアケース当たっちゃいましたねぇ。
ヤマヒロ
まぁ原因の特定には時間がかかったけど、
修理と合わせて最適な対策もしてもらうこともできたよ。

 

 

おかげでまだ走れるし、今も変わらない仲間と一緒にあちこち行ったり、キャンプに挑戦したりともっとずっとトリシティを楽しんでします!

 

 

 

カスタムで強化パーツを入れるにあたってデメリットの部分として、かなり長い期間でトリシティに乗る中で起きたトラブルのひとつとして良いお勉強になりました!

もしも、アイドリング不調だったりエンストしてしまったりと似たような症状があるトリシティ乗りの方の参考になれれば幸いです(‘v’

トリシティ155 エキゾースト

 

 

入れていたトリシティの強化パーツ

NGK MotoDXプラグ CPR8EDX-9S

アドバンス・プロ トリシティ125 155 強化点火コイル(ブル―コアエンジン) IGC-YD02

 

強化コイル・プラグの取り付け方!

ブルーコアエンジン搭載のトリシティ155/125にMotoDXスパークプラグと強化点火コイルを取り付けよう!交換に使うものと必要な工具まとめたよ

-モーターサイクル
-, , ,

執筆者:

関連記事

blueskysea DV988 速度表示

「ここさえ抑えれば…勝てる!」自分でモニター付き前後ドラレコblueskysea DV988をキーオン連動で取り付けよう!

MT-09TRACERで一般道を普通に走っている時のこと。 それなりの速度で流れているのに後ろの車が妙に詰めてきたり、 すり抜けてきたバイクやスクーターに横から当てられそうになったり、 至近距離で無理 …

MT-09TRACER ROAD5GTへ初めてのタイヤ交換!

MT-09TRACER初めてのタイヤ交換!ナップスでおすすめのROAD5GTに履き替えたので大型バイクの前後タイヤ代や費用を公開するよ

この子を僕にください! 絶対に幸せにしてみせます!       というのは恥ずかしくて死にそうなので心の声にとどめ、初めてのMTバイクとなったMT-09TRACERとのバ …

トリシティ155 ODO10000キロ

バイクのオドメーターは思い出のパラメーター!長く乗りたい愛車をずっと好きでいるための考え方

オドメーターにキリの良い数字が並ぶと嬉しくなっちゃうヤマヒロです! 5月12日に青トリさんこと初めてのオートバイ、トリシティ155のオドメーターが10000キロとなりました!   &nbsp …

MT-09 TRACER 倒れた傷(ブラッシュガード)

台風に倒され曲がったMT-09TRACERのハンドルバーを交換修理 大型バイクは部品代+工賃で費用はO万円になりました…

大雨をもたらした台風19号によって、家族共々人生初の避難所生活となったヤマヒロです。 自分を含めて家族、ワンちゃん、青トリさん(トリシティ155)は無事です。 目が覚める。 雨風が強くなったことを認識 …

ヤマハ YX-6 ZENITH Graphic GF-02 ブルー

ヤマハYX-6 ZENITH GIBSONグラフィック徹底レビュー!シャープなデザインの5Wayオフロードヘルメット!

オフロードヘルメットへの強い憧れとデザインの好みからヤマハ YX-6 ZENITH GIBSONを選んだヤマヒロです。     リオン 5つめにして、ヒロ兄にとって初オフロードヘル …

スポンサーリンク



自撮り with MT-09 TRACER
カメラとバイク旅と絵を描くことが大好きな自由気まま(プライベーティア)なフォトワーカー。

写真やイラスト、オートバイなど多趣味に楽しんでいます。

プロフィールはこちら

アイコン用ヒロユリトリシティ155

 


【ヤマヒロ】

PPW(プライベーティアフォトワーカー)のヤマヒロ
このブログを書いている人。

自由気ままなプライベーティアフォトワーカー。

写真撮ったり、絵描いたり、バイクで走るのが好きな今風多趣味な20代”直上的大馬鹿野郎”

MT-10SP&ヤマヒロ

 

【リオン】
PPWのリオン
もともとはネットにおけるヤマヒロの分身(アバター)だったケモノのキャラクター

のんびり温厚な性格でヤマヒロとは違う目線でツッコミやワンポイントアドバイス。

知らない土地へ行くことやガジェットが好き。

 

【ユリ】

キツネの耳と尻尾の生えたの狐の女の子。

明るく純粋な一方ふわふわした性格で天然ボケをかましたり、素でとんでもないことをやらかすことあり。

 

外の世界への憧れからシルバーカラーのPENTAX KPを手に写真・カメラの勉強中!

 

ユリ姉

時々”おとなのすがた”通称ユリさんに化けます。

 

 

【フウカ】

お空からやってきたという純白な羽の生えた女の子。

フロント二輪のLMW機構を備えた三輪バイク、トリシティに乗っているヤマヒロの先輩ライダー

 

性格は引っ込み思案でおとなしめ。

好きなことについては口数が増え、押しも強くなっちゃうタイプ。



ハピタスを経由するだけ!

ネットショッピングで年1.5万円〜もらってます!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス