ミラーレスやコンパクトカメラでモノクロやHDRで鉄塔写真を楽しもう

Pocket

今回は被写体を鉄塔に絞り、コンパクト高機能ミラーレスカメラPENATX Q7とプレミアムコンパクトOLYMPUS STYLUS1を持ってスカッと晴れた相模原をツーリング。

しかし・・・

リオン
ヒロ兄の自転車が自転車ドミノに巻き込まれてたね・・・
ヤマヒロ
参ったぜ・・・
ライト、ギア、カゴがいっぺんに壊れたった〜

シティサイクル

自転車難民となってしまった自分ですが時々何を撮りに行こうかな?と被写体や撮影テーマに迷うことありますよね?

そんな被写体難民なあなたへおススメしたいのが鉄塔!

あなたの町にもありますよね?

鉄塔のある町並み

紹介するのは大それた特殊スキルとかじゃなく、カメラを持っていれば誰にだってできる鉄塔撮影を楽しむ設定と表現や撮影方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

パースを生かそう

巨大な鉄塔はパースペクティブ(遠近感)を活かやすい被写体。

こちらはキットレンズの広角側、24mmあたりで鉄塔のふもとから広角側で撮っただけ。

鉄塔

 

ヤマヒロ
前後に魅力的な副題があるといいんだけどね〜

太陽重ねて

(肉眼で太陽を直接見るのは危険なのでライブビュー機能やミラーレス機のEVFを使いましょう!)

鉄塔に近づき魚眼や広角レンズを使用すれば、さらにパースの強烈な写真が撮れますよ!

リオン
パースを強調する時のポイントは「広角で近くから」だよ!

 

 

モノクロで撮ろう

晴れた日の鉄塔は金属製で高コントラストなモノクロ写真にうってつけな被写体。

ハードモノクロ

 

2種のモノクロームでも色の深みの違う雰囲気に仕上げることができます。

モノクロ

カスタムイメージ:モノクロ

ハードモノクローム

スマートエフェクト:ハードモノクローム

有刺鉄塔なんて怖いよね

リオン
晴天よりは多少雲が合った方が写真映えするね!

 

HDR合成しよう

ブランケットで撮ってHDRに合成するのも鉄塔写真にはGood。

こちらは手持ちQ7オートブランケットモード、EV±1.7の3枚をフォトショップにてHDRに統合。

合成後シャープネスとコントラストを引き上げ、フォトリアリスティック調に仕上げてみた。

電ハイ線ダイナミック鉄レンジ塔

センサーのちっちゃいQ7でもここまでの絵に仕上げられる写真編集(画像処理?)なので近いうちに別で記事にしてみようと思うです。

 

まとめ

今回は町でよく見かける鉄塔にフォーカスしてみました。

実はフォトワークの授業テーマの一つとしてモノクロで撮った時は鉄塔にフォーカスしてピンポイントズームしたりカスタムイメージでギラギラカッチリにしたりとハマった被写体でもありました。

電線鉄塔

ヤマヒロ
今回の鉄塔撮影を楽しむ知識には特殊技術も高価なレンズも必要ないんッスよ!
リオン
とっても簡単だから町へお出かけしたときに試してみてね!

 

おまけ

鉄塔の先に変電所アリだ。

副題に組み込んだり同じ金属製の被写体なので似たようなシチュエーションを狙っていけますよ!

変電所

 

リオン
次の自転車はクロスバイクにするって言ってたよね。ちょっとリサーチしてみたよ!

ヤマヒロ
おいオイおいオイ!?ちょっとぉ〜リオンくん?なんですか?このお値段は?
もうちょいでK-1(フルサイズ機)買えんじゃねーか!

 

リオン
相場しらないからだよ~
安めなロードだと・・・このくらいだよ!

ヤマヒロ
おお!
グッジョブリオン!誕生日プレゼントにねだってみるかな?

ホントに買ったらツーリングや自転車カスタムが新たな趣味になっちゃうかも?

 

Pocket

2 thoughts on “ミラーレスやコンパクトカメラでモノクロやHDRで鉄塔写真を楽しもう

  1. リラックマ

    ねだってみるべきです!!!!????
    ヤマヒロさんもかなりの多趣味ですな…。
    自転車ツーリングって風を身体に受けて、
    爽快に突き抜けるのってイイですよね〜!?
    残念ながら僕は自転車にはもう乗れないし
    思いっきり走る事も出来ましぇ〜ん(悲)
    理由は交通事故の後遺症で左膝が曲がらない

    外に出掛けると、ヤマヒロさんみたいに
    フォトワークを趣味としている人達には、
    イロイロなモノが撮影対象の素材ですね?
    5月になると里山に、ヤツがやって来ます!
    ♫トッキョキョカキョク、特許許可局??
    そうです、オオヨシキリの巣に卵を…。
    夜中にも鳴いているので強烈であります

  2. ヤマヒロヤマヒロ Post author

    リラックマさん>
    いつもコメントありがとうございます!

    今回鉄塔に絞って電線をたどって走らせてきました!

    自転車は生活の足として外出時はほぼ毎日使っていますし、趣味として汎用パーツを買い足しするようになりました。
    車と違って思い立ったり、気づいたらその場で止められるのでスナップやフォトワークと相性がいい感じです!

    名前を書かれている野鳥を鳥撮りに適した超望遠を持っていればいんですけどね〜。

記事の感想やコメントお気軽にどうぞです!お返事させていただくですよ!
アバターアイコンお持ちであればGravatarのアイコンが表示されるよ!
Gravatarアイコンの設定方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA